回想・反省一覧

やっぱり和田で古馬王道完全制覇したオペラオーって最強なんじゃね?

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

夕刊フジ村瀬信之「武豊がペースを握ると後ろが動けなる」

村瀬信之(1973年生)は、 夕刊フジ紙・東京版の競馬記者。東京都出身、A型。青山学院大卒。広告代理店勤務の後、同紙へ転職。2008年秋から東京・本紙予想担当。時計にとらわれずレベルの高いレースを探し出し、上位馬の次走をフォローするという予想スタイルを採っている。趣味は、サッカー・フットサル。

ラッキーライラックがエリザベス女王杯圧勝! 恒例の強すぎワロタスレはやっぱりこの流れに…

11月10日京都11R第44回エリザベス女王杯(GⅠ、3歳上OP、芝・外2200m、定量、18頭立て)は、クリストフ・スミヨン騎手騎乗の3人気ラッキーライラック(牝4、松永)が4角イン突き、逃げ粘るクロコスミアの内から抜け出して優勝。タイムは2分14秒1(良)。1人気のオークス馬ラヴズオンリーユーが3着。

わりとマジで日本競馬史上ブッチギリ最悪の暗黒凱旋門じゃね?

第98回凱旋門賞、日本馬はキセキ(牡5、角居)の7着が最高。ブラストワンピース(牡4、大竹)は勝ち馬から30馬身差の11着、フィエールマン(牡4、手塚)は同45馬身差の最下位12着と惨敗だった。フィエールマン騎乗のルメールは「この馬場では厳しい。日本馬はこういう馬場を知らない」と馬場を敗因に挙げた。

今の時代にこそ際立つオペラオーの異常さ

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

アーモンドアイ→力負け ダノンプレミアム→嘘故障 このがっかり感なかなか無いだろ

安田記念3着アーモンドアイ騎乗のC.ルメール騎手は「スタートで寄られてしまって、大きな不利がありました。直線ではいつも通り彼女は頑張ってくれましたが、トップマイラーが集まるレースではここまでが精一杯でした」と話していました。

JRA広報「ダノンプレミアムは異常なし!」 ただの完敗だった模様

春のマイル王決定戦はGⅠ馬7頭を含む16頭によって争われ、2番人気のダノンプレミアム(牡4、中内田)は直線で沈み、最下位の16着にれた。ゴール入線後には川田将雅騎手が下馬した。同馬はレース後に東京競馬場内の診療所で検査を受けた結果、「異常なし」と診断され、大事には至らなかった。

安田記念でスタート直後4頭に不利 武豊騎手に開催1日の騎乗停止

ロジクライがスタートで大きく内にヨレて、アーモンドアイ、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、ロードクエストが大きく挟まれるアクシデントを誘発。ロジクライに騎乗の武豊騎手「スタートして一歩目は真っ直ぐ出たんですが、物見をして内に寄れてしまい3、4頭に迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」。

シゲルピンクダイヤわりと強くてワロタ

上位人気3頭の間に割って入ったのが、7番人気のシゲルピンクダイヤだった。スタートでつまずき、道中は15番手から。少しモタモタする面は見せたが、直線ではメンバー最速の上がり3F32秒7の脚で追い込んだ。次走はオークスの予定で、渡辺調教師は「操作性がいいので、距離が延びるのはいいと思いますよ」と話した。

色んな馬に不利与えたくせしてむしろ自分が被害受けたとホザいてる北村友一に川田が激怒

4着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)「イメージしていた形で競馬は運べました。ただ、4角を内を空けずにきれいに回りたかったのですが、内から出てこられて、余計に外を回る形になりました。これまで内をロスなく立ち回って来る競馬が続いていましたが、今日は外から、時計が速い中でもしっかり脚を使ってくれたと思います」