回想・反省一覧

大和屋暁オーナー「福永にジャスタウェイをマイラーと言われたことは一生忘れない」

大和屋 暁(1972年7月27日生)は、日本の脚本家、馬主。アニメの脚本を中心に活動している。父の大和屋竺も脚本家であり、父の門下である浦沢義雄に師事し、脚本家としてのキャリアをスタートした。馬主としては、ハーツクライ等の競走馬の一口馬主を経て個人馬主資格取得後、ジャスタウェイ等を所持。

あれだけ騒がれたダノンプレミアムが普通の朝日杯馬で終わりそうな件

ダノンプレミアムは日本の競走馬。主な勝ち鞍は2017年の朝日杯FS、サウジアラビアRC、2018年の弥生賞。新馬戦から4連勝で弥生賞を制しクラシック戦線の中心的存在であったが、同レース後に右前脚に挫石を発症し、皐月賞を回避。満を持して臨んだ東京優駿では6着とキャリア初の着外となった。

安定のブランド秋華賞馬 古馬になっても重賞勝てるよね

秋華賞は、JRAの牝馬限定のGⅠ。1995年まではエリザベス女王杯が4歳(現3歳)牝馬三冠の最終戦として行われていたが、96年より同競争が古馬に開放され4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となったため、新たな牝馬三冠の最終戦として新設された。施行距離は開始以来、京都競馬場・芝2000m(内回り)。

武豊「キズナで勝ったダービーは、後から思うとよくあんな乗り方できたなと」

キズナは、日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2013年の東京優駿、ニエル賞。東京優駿は1枠1番であったが、鞍上の武豊がスタート直後から位置取りを下げ、ほぼ最後方からの競馬となった。直線で進路が狭くなる場面もあったが、ゴール直前にエピファネイアを捉え、半馬身差で優勝。武豊は東京優駿通算5勝目となった。

レイエンダ強すぎワロタw ルメールも能力を絶賛「重賞絶対いける」

7月22日函館10R・松前特別(3歳上1000万、芝2000m、11頭)は、単勝1・4倍と圧倒的1人気のレイエンダ(牡3、美浦・藤沢和厩舎、父キングカメハメハ)が無傷の3連勝。勝ち時計1分59秒3。全兄は昨年のダービー馬レイデオロ。兄の背中も知るルメール騎手は「重賞に絶対行ける」と能力を絶賛。

交流重賞で勝ち負け出来る地方馬ってムチャクチャ凄いんだな

メイセイオペラ(1994年6月6日 - 2016年7月1日)は、日本の競走馬、種牡馬。北海道平取町の高橋啓生産(馬主預託)。水沢競馬・佐々木修一厩舎所属。1999年のNARグランプリ年度代表馬。日本競馬史上ただ1頭、地方競馬所属にして中央競馬GI制覇(1999年フェブラリーステークス)した競走馬。

伊藤雄二師「ウオッカのダービー挑戦は意味不明。絶対勝てない。エアグルーヴでも無理だったはず」

伊藤雄二(1937年1月14日生)はJRAの元調教師、元騎手。大阪府枚方町(現・枚方市)出身。父の経営する乗馬クラブで幼い頃から馬に親しみ、高校時代は馬術部で全国大会3位になっている。1959年に騎手デビュー。1966年、義父・伊藤正四郎調教師の急逝により、騎手を引退し、厩舎を継いだ。