騎手一覧

竹之下騎手&ヴィント号ダービー出走おめでとう!

2勝馬4頭が抽選出場となった日本ダービーで、2/4を突破したヴィントの主戦、竹之下智昭が喜びをかみ締めた。「素直にうれしい。こんなチャンスをいただいた平山オーナーと千田先生に感謝の気持ちでいっぱいです」。22年目の39歳。不惑を目前に幼い頃からの夢、日本ダービー初出場を決めた。

瀧川寿希也騎手、競馬の信用を失墜させたために騎乗停止

川崎競馬組合は13日、競馬の信用を失墜させたとして、瀧川寿希也騎手(23、田辺)に騎乗停止4日の処分を科したと発表した。SNSにおいて他の職業を差別する発言、事実や法令を無視した発言等を繰り返したため。同騎手は3月28日浦和での騎乗を最後に騎乗しておらず、今回と同様の理由で騎乗停止2日の処分を受けていた。

レーン無双

ノームコアをGⅠに導いた25歳、ダミアン・レーン騎手の落ち着いた手綱に脱帽だ。前日土曜の京王杯SCはタワーオブロンドンに騎乗し、高速決着を制している。ヴィクトリアMも強烈なレコード決着。しかし、直線の攻防は驚くほど冷静。自分のリズムでひたすら馬を前に走らせる。令和の時代にとんでもない男が現れた。

ルメール、オークス&ダービー騎乗停止へ  度重なるラフプレーに加重制裁で開催6日の騎乗停止

C.ルメール騎手がダービーに騎乗できなくなった。NHKマイルCで騎乗したグランアレグリアが直線で外に斜行し、ダノンチェイサーの進路を妨害した件で開催6日間の騎乗停止(11日から26日まで16日間)。同騎手は3月2日にも不注意による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行った。

あれ? モレイラ、やっぱ今年もJRA受験するの?

ジョアン・モレイラ騎手(35)が、今年のJRA騎手免許試験を受験しないと一部メディアで報道された件について、同騎手のマネジャーが27日、否定した。「彼と話しましたが、間違った報道です。決まっているのは、6月9日までのJ・サイズ調教師との契約を香港シーズン最後の7月半ばまで更新するということだけ」と同氏。

ダミアン・レーン上手すぎワロタw 早速あっさり重賞制覇

29日に行われた第41回新潟大賞典(GⅢ、新潟・芝2000m)、平成最後となった重賞は7番人気のメールドグラース(牡4、清水)が直線で抜け出し、条件戦から3連勝で重賞初挑戦V。短期免許で初来日し、前日28日の東京競馬で4勝を挙げていた豪州の若手、ダミアン・レーン騎手(25)はJRA重賞初制覇となった。

スター候補? 斎藤新騎手が皇成の新人記録達成時と同スピードで勝ち星をあげている件

斎藤 新(2001年2月9日生)は、JRA・栗東所属の騎手。茨城県出身。父はJRA調教師の斎藤誠。16年に競馬学校騎手課程に第35期生として入学。19年2月、同課程卒業。卒業時は主席相当のアイルランド大使特別賞を受賞。父は美浦の調教師であるが、栗東を選択し、19年3月に安田隆行厩舎から騎手デビュー。

モレイラ 今年のJRA受験断念

香港のジョアン・モレイラ騎手(35)が26日、今年のJRA騎手免許の受験を断念することを明らかにした。「現在の厩舎との契約は6月9日で切れるが、その後も香港に留まり騎乗する。原契約満了後もフリーにならず、シーズン最後までサイズ厩舎専属として騎乗する」と今年のJRA免許試験は受験しないことを示唆した。