騎手一覧

ミルコ・デムーロ騎手がエージェント変更

ミルコ・デムーロ騎手の騎乗仲介者を大谷博毅氏が務めることとなった。これまでは川田将雅騎手と同じ井上政行氏と契約していた。だが最近になって、川田騎手にばかり有力馬を割り振る井上氏に対して不満を抱えていたという。また、サートゥルナーリアを手放すことになったことも尾を引いていると噂されている。

豪の若手実力派 ダミアン・レーン騎手が短期免許で来日へ

オーストラリアのメルボルン地区で活躍するダミアン・レーン騎手(25)が短期免許の取得を予定していることが分かった。関東が拠点で期間は4月27日から6月23日までの見込み。近年メキメキと頭角を現した若手実力派で、これまでにGⅠを15勝。昨シーズンはヴィクトリア州(メルボルン地区)でリーディング2位に輝いた。

服部寿希騎手、フリーから石坂正厩舎所属に

服部寿希騎手(栗東・フリー)が、4月3日から栗東・石坂正厩舎所属となる。同日JRAが発表した。服部寿希騎手は1999年生まれのデビュー2年目。JRAでは昨年のヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山の第一戦などを制している。

引退宣言の瀧川寿希也、ガチで辞めそう 擁護者もドン引きのツイート連発

瀧川寿希也(1995年8月2日生)は、NARの騎手。神奈川県出身。川崎競馬・田邊陽一厩舎所属。2011年、地方競馬教養センター騎手課程に第91期生として入所。2013年3月騎手免許取得、同年4月デビュー。2018年の地方競馬全国リーディング16位(172勝)、南関東リーディング5位(166勝)。

瀧川寿希也「闇に飼い慣らされてる気がしてもう騎手辞めたい…」

瀧川寿希也(1995年8月2日生)は、NARの騎手。神奈川県出身。川崎競馬・田邊陽一厩舎所属。2011年、地方競馬教養センター騎手課程に第91期生として入所。2013年3月騎手免許取得、同年4月デビュー。2018年の地方競馬全国リーディング16位(172勝)、南関東リーディング5位(166勝)。

吉田豊の番記者「北村宏司は騎手生命にかかわる大怪我。出血多量で縫合できない怪我」

土曜の落馬で救急搬送された北村宏騎手の状態が関係者から少しずつ入って来た。入院病棟がCCUで、循環器系の集中治療室。松岡騎手からは顔面の粉砕骨折は手術になり特に鼻骨の根元が酷くこめかみ周辺も酷い骨折とのこと。心配なのは太腿の怪我で、裂傷による出血で縫合出来ない状態とのこと。騎手生命に関わる事態のようだ。

武豊(50)、岩田(45)、福永(43)、デムルメ池添(40)、戸崎(39)

JRAでは、岡部幸雄騎手が56歳で騎乗(05年3月に引退)。繋駕速歩(騎手が1人乗りの2輪馬車に乗って行う競走)では、68年に小野留嘉騎手が68歳まで騎乗。地方では山中利夫騎手が63歳4日まで騎乗(12年7月引退)。現役では川崎の森下博騎手が最年長。55年5月4日生まれの62歳。