レース結果一覧

【AJCC】ブラストワンピースが貫禄V 凱旋門賞以来の復帰戦制し重賞5勝目

1月26日中山11R第61回アメリカジョッキークラブカップ(4歳上OP、別定、GⅡ、芝2200m、12頭立て)は、川田将雅騎手騎乗の1人気のブラストワンピース(牡5、大竹)が好位追走から直線で粘るステイフーリッシュをとらえ重賞5勝目。タイムは2分15秒0(稍重)。2着ステイフーリッシュ、3着ラストドラフト。

アドマイヤビルゴが新馬戦を勝利! 5億8000万の超高額馬にして近藤利一氏の忘れ形見

19日京都6R新馬戦、17年のセレクトセールで5億8000万円(税抜)で取引された高額馬アドマイヤビルゴ(牡3、友道)が人気に応えた。10年ぶりにアドマイヤの勝負服に袖を通した武豊は「未完成ですが素質を感じます。まだ気性も幼いし、先が楽しみ」と称賛。友道師は「まだ成長段階でこれから」と大きな期待を寄せた。

【京成杯】クリスタルブラックが末脚爆発で勝利! スカイグルーヴは2着

1月19日中山11R第60回京成杯(GⅢ、3歳OP、別定、芝2000m、12頭立て)は、吉田豊騎手騎乗の7人気クリスタルブラック(牡、高橋文)が優勝。後方2番手追走から4角で大外へ持ち出すと、末脚爆発。先に抜け出していた1人気スカイグルーヴを外から半馬身差かわし重賞初制覇。勝ち時計2分02秒1(稍重)。

【フェアリーS】スマイルカナが見事な逃げ切り勝ち 鞍上柴田大は1年ぶりの重賞V

1月13日中山11R第36回 フェアリーステークス(3歳牝OP、別定、GⅢ、芝1600m、16頭立て)は、柴田大知騎手騎乗の3人気スマイルカナ(高橋祥)が2着以下に2馬身半差の逃げ切り完勝で、重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。2着はチェーンオブラブ(7人気)、3着にポレンティア(5人気)が入線。

【シンザン記念】サンクテュエールが出世レース制す! 圧倒的1番人気のルーツドールは7着

1月12日京都11R第54回シンザン記念(3歳OP、GⅢ、芝1600m、10頭立て)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2人気サンクテュエール(牝、藤沢)が好位追走から直線、プリンスリターンとの激しい追い比べをクビ差制し先頭でゴール。タイムは1分35秒9(良)。3着にはコルテジア(9人気)が入った。

【東京大賞典】オメガパフュームが史上4頭目の連覇達成! 2、3着に地方勢

12月29日大井10R第65回東京大賞典(GⅠ、3歳上OP、定量、ダ右2000m、13頭立て)は、デムーロ騎乗で2人気オメガパフューム(牡4、安田)が3角から積極的に進出すると直線で抜け出し、連覇を達成した。タイムは2分04秒9(稍重)。1馬身差2着にノンコノユメ、さらに2馬身差3着にモジアナフレイバー。

【ホープフルS】コントレイルが完勝! デビューから無敗の三連勝でGⅠ戴冠

12月28日中山11R第36回ホープフルステークス(2歳OP、芝2000m、13頭立て)は、福永祐一騎手騎乗の1人気コントレイル(矢作)が好位追走から直線半ばで先頭に立ち、内ラチ沿い余裕たっぷりに伸び勝利。タイムは2分1秒4(良)。1馬身半差2着ヴェルトライゼンデ、さらに2馬身差遅れた3着ワーケア。

【有馬記念】リスグラシューが圧巻の走りで有終V アーモンドアイは9着

12月22日中山11R第64回有馬記念(3歳上OP、芝2500m、定量、16頭立て)は、D.レーン騎手騎乗の2人気リスグラシュー(牝5、矢作)が優勝。レース史上最多11頭のGI馬が参戦した決戦を制した。勝ち時計2分30秒5(良)。2着はサートゥルナーリア、3着にワールドプレミア。アーモンドアイは9着。

【朝日杯FS】サリオスがデビュー3連勝で戴冠! 馬体重538kgは最高体重記録

12月15日阪神11R第71回朝日杯FS(2歳OP、GI、芝1600m、16頭立て)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気サリオス(牡、堀)が勝利。デビューから3連勝で2歳最強マイラーの座に輝いた。タイムは1分33秒0(良)。2番人気の武豊騎手騎乗タイセイビジョンが2着、14番人気グランレイが3着に入った。

【香港カップ】ウインブライトが優勝! 香港の春秋GⅠ制覇を達成

12月8日香港国際競走8R第33回香港カップ(3歳上定量、芝・右2000m、8頭立て)は、松岡正海騎手騎乗のウインブライト(牡5、畠山)が優勝。タイムは2分0秒52(良)。同馬は4月のクイーンエリザベス2世Cに次いでGI2勝目。頭差2着にアイルランドのマジックワンド、さらに半馬身遅れた3着に香港のライズハイ。