雑談一覧

青汁王子、脱税容疑で強制調査 セレクトで購入の高額馬デビュー前に馬主資格剥奪の危機

健康食品の通信販売で会社を急成長させ「青汁王子」のニックネームでテレビ番組などに出演していた29歳の社長が、架空の経費を計上する手口で会社の所得を隠していた疑いがあるとして、東京地検特捜部は法人税法違反などの疑いで関係先の強制捜査に乗り出した。

ゴドルフィン、欧州競馬のスポンサー契約減 支出見直しを実施

欧州の競馬関係者は、モハメド殿下の競馬事業体ゴドルフィンの大幅な支出見直しに身構えている。すでに、長年続いていた有名レースのスポンサー契約の終了が決定されている。ゴドルフィンは、レーシングチーム・生産部門・スポンサー事業を擁している。今回の大幅な支出見直しは、広範囲に影響をもたらす可能性がある。

土曜の東京開催は雪でアウトっぽい

観測史上最大級の寒気が日本に襲来中。9日は、広い範囲で雨や雪となる見込み。関東は昼前から夕方まで雪や雨。東京23区内を含め、南部の平地も積雪となるおそれがあり、交通機関が乱れるほどの大雪になる所も。東京の最高気温は2度前後の予報で、凍結にも注意。

【朗報】競馬学校2年生の古川さんも永島さんもむっちゃかわいい! アイドル誕生の予感

1月9日、藤田菜七子騎手(21、美浦・根本)美浦トレセンで短期研修を行っているJRA競馬学校騎手課程の古川奈穂さん(18)、地方通算2000勝を超える兵庫の永島太郎騎手(44)の次女、永島まなみさん(16)と3頭併せで追い切りを行った。藤田は、追い切り前の角馬場で2人に声をかけアドバイスする場面も。

インティの馬主はメジロ牧場の元場長さんだった

平成最後に“メジロの縁”がつながった。重賞初Vの武田茂男オーナーは現在、北海道浦河町で武田ステーブルを営んでいるが、以前はメジロ牧場の場長を務めていた。武豊騎手とは、平成初期に活躍したメジロマックイーンの主戦を務めていた頃から旧知の仲。「一緒に表彰台に上がれてよかったです」と晴れやかな笑顔を見せた。

国税庁に競馬の確定申告特設ページが登場

国税庁は、公営競技の払戻金に係る確定申告に関して、一時所得の計算方法等を公開した。払戻金については、一時所得として確定申告が必要となる場合がある。金額は次の順序で計算。(1) 払戻金に係る年間受取額 (2) 払戻金に係る年間投票額 (3) (1)-(2)-50万円 (4) (3)×1/2した金額

社台ファームの新外厩「チャンピオンヒルズ」がヤバすぎると話題に

チャンピオンヒルズは、社台ファームやチャンピオンズファーム等が共同企業連合体として建設を進めているいわゆる外厩施設。山林72haを造成し、最大500頭収容の厩舎や1000mの周回コースなどを設ける。隣接地に乗馬クラブのほか、農産品販売施設、レストランなどを併設、認可こども園や福祉施設の誘致も目指す。

2018年の年度代表馬はアーモンドアイ! 満票は2000年テイエムオペラオー以来の快挙

2018年度のJRA賞が発表され、年度代表馬には史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げ、ジャパンCもレコードで完勝したアーモンドアイ(牝4、国枝栄)が選ばれた。記者276人による投票では満票となり、年度代表馬部門では2000年テイエムオペラオー以来の快挙となった。また、最優秀3歳牝馬にも満票で選出された

JRA賞最優秀3歳牡馬はブラストワンピースに決定!

最優秀3歳牡馬の称号は、有馬記念優勝馬ブラストワンピース(牡4、大竹)に。114票の支持に対して、ダービー馬ワグネリアン88票、交流GⅠ3連勝ルヴァンスレーヴ69票と票が割れた。GⅠ・1勝馬がダービー馬より得票を上回ったのは、14年イスラボニータ以来。グランプリで歴戦古馬を倒した走りが評価された。