次走・近況一覧

ミッキーロケットが電撃引退! 優駿SSで種牡馬入り

昨年の宝塚記念を制したミッキーロケット(牡6、音無)が引退することが24日、分かった。音無師は「京都記念に使う予定でしたが、足元の不安のため引退を決断しました。オーナーは年内まで使う予定でしたが、決断しました。残念です」とコメントした。繋養は優駿スタリオンステーションで、種牡馬になる。

サートゥルナーリア、皐月賞直行が決定

デビュー3連勝でホープフルSを制したサートゥルナーリア(牡3、角居)は、皐月賞に直行することが決まった。キャロットクラブが23日にホームページで発表した。なお、春のクラシックでの同馬の鞍上は、これまでの3戦で手綱を取ったM.デムーロ騎手からC.ルメール騎手へ乗り替りとなることが既に発表されている。

サートゥルナーリアがデムーロからルメールへ乗り替わりに

デビュー以来M.デムーロ騎手とのコンビでホープフルSを制したサートゥルナーリア(牡3、角居)が、春のクラシックでC.ルメール騎手(39)を鞍上に迎えることが10日、所有するキャロットクラブの公式サイトで発表された。関係者が協議して決定したという。現在はノーザンファームしがらきで調整されている。

スワーヴリチャードがドバイ遠征へ

昨年のジャパンC3着後、休養しているスワーヴリチャード(牡5、庄野)が、ドバイターフとドバイシーマクラシックに登録したことが10日、分かった。庄野師は「第1希望がターフで登録しました」と説明。同馬は2月初旬に栗東へ帰厩する予定。「始動戦の中山記念はM・デムーロ騎手でいきます」と庄野師は明らかにした。

NHKマイルカップ勝ち馬のケイアイノーテックがダートに挑戦

昨年のNHKマイルカップの覇者ケイアイノーテック(牡4、栗東・平田修厩舎)は、今月27日に東京競馬場で行われる根岸ステークス(GⅢ・ダ1400m)で初のダート戦へ向かう。同馬の母、ケイアイガーベラは短距離のダート重賞で2勝をあげ、11年の根岸Sに挑戦した際は1番人気に支持されるも8着に敗れている。

有馬でオジュウチョウサン騎乗の武豊「漫画の様なストーリー。ファンの声で乗ることを決めた」

有馬記念を控えて、武豊の下には複数頭の騎乗依頼があった。その中からオジュウチョウサンを選んだのは、競馬界の第一人者らしい理由だった。ファンの声だ。「やはりファン投票3位というのは大きな要素ではあります。昔から有馬記念に行くのが夢だったとおっしゃっていた、オーナーの熱意も感じていました」。

ミッキーロケット、有馬は短期免許で初来日オイシン・マーフィーで 和田騎手「クビにされた」

有馬記念に出走予定のミッキーロケットの鞍上が、和田竜二騎手から、短期免許で初来日するオイシン・マーフィー騎手(23歳、アイルランド)へと乗り替わりとなることが、10日わかった。元騎手の藤田伸二氏は、和田騎手本人からの情報として、鞍上を「クビ」になったとtwitterで伝えている。

スワーヴリチャードも有馬記念回避

有馬記念のファン投票で4位に選出されていたスワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野)は、詰まったローテーションを考慮し、有馬記念への出走を見合わせることとなった。今後は2月24日の中山記念での復帰を目標に、ドバイ遠征を視野に入れた調整が進められる。

ディープ最高傑作のダノンプレミアムが中内田厩舎から転厩かとの噂

昨年の朝日杯FSを制し、ディープインパクトの最高傑作との呼び声も高かったダノンプレミアム(牡3、中内田)は、蹄の状態が思わしくないとして、年内休養となっている。現在は放牧されているが、全休発表の直前まで栗東の坂路で好タイム連発の調教を見せていただけに、蹄以外の原因があるのではとの噂も。

キセキの有馬記念参戦が決定

ジャパンC2着のキセキ(牡4、中竹)が有馬記念に参戦することが2日、決まった。この日、坂路を61秒7―13秒4で駆けて、状態をチェック。辻野助手「坂路で乗ってみて前回とそう大きく状態が変わらないので、使うことに決定しました。このまま順調に調整を進めていきたいですね」。鞍上は、引き続き、川田騎手。