ラッキーライラックの敗因を考える

石橋騎手は「ごちゃつく競馬はしたくなかったし、イメージ通りの競馬はできました。満を持して追い出したんですが、勝ち馬が強かったですね」と脱帽の様子。松永幹調教師も「仕方ないですね。距離は長いほうがいいし、これから先、頑張ってくれると思います」と今後に期待した。リフレッシュ放牧後オークスを目指す。

【桜花賞】アーモンドアイがレコードV! ラッキーライラックは2着

3歳牝馬3冠競走の初戦「第78回桜花賞」(G1、芝1600メートル)が8日、阪神競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の2番人気アーモンドアイ(牝3=国枝厩舎)がレースレコードを更新して優勝。無敗の2歳女王ラッキーライラックらを破った。

最近のクラシックは早熟馬の祭典?

48: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/07(土) 16:17:24.16 ID:ndaeQJyp0 そもそもそういうもんだろ 3歳無敗で引退するのと3歳そこそこ4歳無敗で引退なら 前者の方が種牡馬価値は高くなると思う

【ニュージーランドT】2番人気カツジが大外一気で重賞初V

4月7日の中山11Rで行われたNHKマイルCトライアル・第36回ニュージーランドT(3歳オープン、馬齢、GII、芝1600メートル、15頭立て、1着賞金=5400万円)は、松山弘平騎手騎乗で2番人気のカツジ(牡、栗東・池添兼雄厩舎)が直線大外一気の差し切り勝ちで重賞初制覇。タイムは1分34秒2(良)。

【阪神牝馬S】ミスパンテールが逃げ切りで重賞3連勝

4月7日の阪神11Rで行われた第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬限定、GII、芝1600メートル・外回り、別定、13頭立て、1着賞金=5500万円)は、横山典弘騎手騎乗の4番人気ミスパンテール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)が制した。タイムは1分34秒8(良)。

スワーヴリチャード安田記念へ

1日の大阪杯を制したスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野)が安田記念(6月3日・東京)に参戦することを5日、庄野師が明かした。「オーナーと協議して、向かうことが決まりました」と庄野師。スワーヴリチャードは一旦放牧に出され今月末に帰厩。その後、安田記念に向い調整する。

第78回桜花賞、ラッキーライラックは1枠1番

第78回桜花賞(8日・阪神11R 1600メートル芝18頭 G1)枠順が5日に決まり、無敗の桜の女王を目指すラッキーライラックは(1)枠1番に入った。 シンザン記念で牡馬を打ち負かしたアーモンドアイは(7)枠13番、チューリップ賞2着のマウレアは(8)枠17番、同3着のリリーノーブルは(5)枠9番。