エピファネイア産駒 新馬未勝利戦(31,30,19,42) 1勝クラス以上(1,3,3,30)

エピファネイア(2010年2月11日生)は、競走馬・種牡馬。父シンボリクリスエス、母シーザリオ。ノーザンファーム生産。角居勝彦厩舎管理。馬主はキャロットファーム。主な勝ち鞍に、13年菊花賞、14年ジャパンカップ。15年夏に繋靭帯炎を発症し、引退。16年より種牡馬。生涯成績は12戦6勝(うち重賞4勝)。

武豊の一番酷かった溜め殺しレースを決めるスレ

2010年の毎日杯(阪神)でザタイキに騎乗の武豊は、レース中の落馬事故により、左鎖骨遠位端骨折、腰椎横突起骨折などの重傷。事故以前より肩の具合が悪く、馬を追えなくなっているとの批判もあったが、この怪我以後、さらにフォームを崩し、低迷期へと突入した。

女子競輪(ガールズケイリン)の選手もかわいいから応援してよ

ガールズケイリンとは、女性選手による競輪の公式愛称。1949年から64年まで女子競輪が存在したが、人気低落から廃止となっていた。幾度か復活機運があったが、2005年に日本自転車振興会会長に就任した下重暁子が再興推進したことで、12年7月より正式復活。20年1月時点で、計135名が選手登録されている。

関本玲花騎手(19)が超絶美少女すぎると話題に 笠松で期間限定騎乗中

関本玲花(2000年5月16日生)は、NARの騎手。岩手県奥州市出身。17年10月、地方競馬教養センター98期として入所。19年10月、実父である関本浩司厩舎(水沢競馬)所属としてデビュー。岩手県競馬組合では史上8人目(繋駕速歩競走を含めれば9人目)の女性騎手。勝負服は、胴青・袖緑/胴黄襷・袖黄一本輪。

2020年1月11日船橋競馬8Rの八百長疑惑について裁決委員の方とお話をしました

20年1月11日の船橋競馬8Rにおいて、八百長疑惑が生じている。前後の7Rと9Rと比較しても投票数が200%以上多く、売上ではおおよそ1000万円ほど多かった。投票は、5番(2番人気)、6番(3番人気)、1番(8番人気)の馬を除いた組み合わせに大量に行われており、その3頭が馬券に絡まず決着したのだ。

キズナの種牡馬としてのポテンシャル凄すぎw クリスタルブラックのプロフ見ろよ

京成杯の勝ち馬は、キズナの初年度産駒クリスタルブラック。鞍上の吉田豊(44)は17年中山金杯以来3年ぶりの重賞勝ち。吉田とは大久保洋吉厩舎の同門となる高橋文雅師(47)は開業9年目での重賞初制覇。生産者の大狩部牧場、そして馬主の岡田勇氏にとっても初の重賞制覇となり、初物尽くし、歓喜の勝利であった。

アドマイヤビルゴが新馬戦を勝利! 5億8000万の超高額馬にして近藤利一氏の忘れ形見

19日京都6R新馬戦、17年のセレクトセールで5億8000万円(税抜)で取引された高額馬アドマイヤビルゴ(牡3、友道)が人気に応えた。10年ぶりにアドマイヤの勝負服に袖を通した武豊は「未完成ですが素質を感じます。まだ気性も幼いし、先が楽しみ」と称賛。友道師は「まだ成長段階でこれから」と大きな期待を寄せた。

佐藤哲三さん、岩田息子にセンスを感じないというツイートに「いいね」

佐藤哲三(1970年9月17日生)は、元JRA騎手。大阪府泉佐野市出身。86年、競馬学校第5期生として入学。89年3月、吉岡八郎厩舎所属でデビュー。95年よりフリー。12年11月に競走中の落馬で重傷を負い、以後騎乗のないまま14年10月引退。通算成績10686戦954勝。引退後は競馬評論家として活動。

【京成杯】クリスタルブラックが末脚爆発で勝利! スカイグルーヴは2着

1月19日中山11R第60回京成杯(GⅢ、3歳OP、別定、芝2000m、12頭立て)は、吉田豊騎手騎乗の7人気クリスタルブラック(牡、高橋文)が優勝。後方2番手追走から4角で大外へ持ち出すと、末脚爆発。先に抜け出していた1人気スカイグルーヴを外から半馬身差かわし重賞初制覇。勝ち時計2分02秒1(稍重)。

ミカエル・ミシェル騎手、23日に来日 南関で3ヶ月の短期免許

フランスの美人すぎるジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手(24)は南関東で短期免許を取得して騎乗するため、23日に来日することがわかった。27日から川崎の山崎裕也厩舎に所属して約3ヶ月間、騎乗する。同騎手は現在、JRA通年免許取得を目指し、日本語の家庭教師のもと、語学習得に励んでいる。