サートゥルナーリア、ダービーは短期免許のレーン騎手で 騎乗停止のルメールから乗り替わり

日本ダービー(GⅠ、5月26日、東京・芝2400m)に出走する皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3、角居)が、騎乗停止処分で乗れないクリストフ・ルメール騎手に替わって、短期免許で来日しているダミアン・レーン騎手(25)とコンビを組むことが5日、決まった。同馬を所有するキャロットクラブのHPで発表された。

ルメール、オークス&ダービー騎乗停止へ  度重なるラフプレーに加重制裁で開催6日の騎乗停止

C.ルメール騎手がダービーに騎乗できなくなった。NHKマイルCで騎乗したグランアレグリアが直線で外に斜行し、ダノンチェイサーの進路を妨害した件で開催6日間の騎乗停止(11日から26日まで16日間)。同騎手は3月2日にも不注意による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行った。

【NHKマイルC】アドマイヤマーズが3歳マイル王に 令和最初のGⅠ制覇!

5月5日東京11R第24回NHKマイルカップ(GⅠ、3歳OP、芝1600m、18頭)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気アドマイヤマーズ(牡、友道)が中団やや前から直線で外に持ち出し、1伏兵ケイデンスコールとの叩き合いを半馬身差抑えて優勝。昨年の2歳王が再び頂点に立った。タイムは1分32秒4(良)。

ルメールさん、今度はブラストワンピースを池添から強奪! しかも次走目黒記念ってwww

昨年の有馬記念馬で、大阪杯6着後休養しているブラストワンピース(牡4、大竹)は、ルメール騎手と初コンビを組み、GⅡ目黒記念(26日、東京、芝2500m)に向かうことになった。3日、シルクホースクラブのHPで発表された。すでに凱旋門賞の一次登録を行っており、その後のローテも注目される。

あれ? モレイラ、やっぱ今年もJRA受験するの?

ジョアン・モレイラ騎手(35)が、今年のJRA騎手免許試験を受験しないと一部メディアで報道された件について、同騎手のマネジャーが27日、否定した。「彼と話しましたが、間違った報道です。決まっているのは、6月9日までのJ・サイズ調教師との契約を香港シーズン最後の7月半ばまで更新するということだけ」と同氏。

KTレーシング終了 松田大作騎手や桑田牧場の桑田祐希さんと極めて親しい新興馬主

「E保険プランニング」の名称で展開する保険総合代理店「T.F.K」(代表・黒川哲美、東京都港区)が、昨年末に発覚した不正会計問題で窮地に追い込まれている。昨年12月、金融機関に対して突然、借入金の元本返済猶予(リスケ)を要請したのだ。背景には、国税の調査で不正会計が発覚したことがある。

フィエールマン、宝塚記念は出ないってよ

史上最少キャリアの6戦目で天皇賞・春を制したフィエールマン(牡4、美浦・手塚)は29日、京都競馬場の出張馬房で激闘の疲れを癒やした。馬の状態を確認してから、福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出される予定。現状では、宝塚記念(6月23日・阪神)には向かわない見込み。

ディアドラ、ロイヤルアスコット開催プリンスオブウェールズSに出走へ

香港GⅠクイーンエリザベス2世Cで6着だったディアドラ(牝5、橋田)が英・アスコット競馬場のGⅠプリンスオブウェールズS(6月19日、芝9ハロン212ヤード=約1990m)に出走するべくイギリスに遠征することが1日、分かった。現在は香港に滞在中で、同日、英国ニューマーケットに移動する。騎手は未定。

ビューティージェネレーション、マジで安田記念に参戦っぽい

チャンピオンズマイル ( 4月28日、香港・沙田競馬場 )は1番人気に支持されたビューティージェネレーション(騸7、ムーア)がほぼ馬なりのまま1馬身半差の完勝劇。管理するムーア師は予備登録を済ませている安田記念(6月2日、東京、芝1600m)への参戦について「これからオーナーと相談する」としている。

ダミアン・レーン上手すぎワロタw 早速あっさり重賞制覇

29日に行われた第41回新潟大賞典(GⅢ、新潟・芝2000m)、平成最後となった重賞は7番人気のメールドグラース(牡4、清水)が直線で抜け出し、条件戦から3連勝で重賞初挑戦V。短期免許で初来日し、前日28日の東京競馬で4勝を挙げていた豪州の若手、ダミアン・レーン騎手(25)はJRA重賞初制覇となった。