【南武特別】オジュウチョウサン強すぎワロタの完勝劇 有馬前にもう一戦を予定

3日東京9R・南武特別は3番人気に推されたオジュウチョウサン(牡7、美浦・和田)が、直線で抜け出しV。7月の開成山特別に続く平地2勝目を挙げた。既に有馬記念参戦を表明しているが、長山オーナーは「その前にもう一戦」と明かした。レース名は挙げなかったものの、ジャパンCかステイヤーズSを検討している模様。

3冠牝馬アーモンドアイのジャパンカップ参戦が決定

今年の牝馬3冠を制したアーモンドアイ(牝3、国枝栄)が、次走でジャパンカップ(JC)に出走することが決まった。11月2日、所属するシルクホースクラブのHPで発表された。3冠牝馬の同年のJC参戦は、12年のジェンティルドンナ以来。同馬はオルフェーヴルを鼻差で制し、3歳牝馬初のJC優勝を果たしている。

藤田菜七子さんが革ジャンを着用

ライダースジャケットは、本来は機能的なデザインの革製ショート・ジャケットを指した。1930年代の米国で確立した。主に黒革を用い、ダブルブレストと呼ばれる2列ボタンの前打ち合わせが特徴。現在ではタウンウエアにも取り入れられ、デニム、ウールなどの革以外の素材やデザインのバリエーションも様々存在する。

門別競馬が誤審を認め謝罪 確定6分後には間違いに気付いていた 正しい順位の馬券も払戻へ

1日に門別競馬場で行われた北海道2歳優駿(JpnⅢ)で1、2着馬の着順を逆に判定する誤審について、主催する北海道の農政部競馬事業室は2日、記者会見を北海道庁で開き、経緯を説明し謝罪、今後の対応について説明した。すでに確定している馬券だけでなく、正しい順位での払い戻しも支払う予定であることを発表した。

【続報】北海道2歳優駿、やはり誤審だった 前代未聞の事態に北海道庁が会見へ

本日11月2日発売の日刊スポーツが、昨日、門別競馬場で行われた北海道2歳優駿において、1着と2着の入着順位を取り違える誤審があったことを報じた。同報道によれば、本件について北海道庁が会見を予定しており、払い戻しについても何らかの措置が取られる模様。

【北海道2歳優駿】誤審じゃないかと大騒ぎ なぜか決勝線スリット写真は公開されず

11月1日(木)の門別競馬11R第45回北海道2歳優駿(JpnⅢ、2歳OP、選定馬、定量、ダ・右1800m、13頭、1着2500万円)は、井上俊彦騎手騎乗の1番人気ウィンターフェル(牡、門別・林和弘厩舎)が好位追走から早めに押し上げ、逃げたイグナシオドーロとの競り合いをハナ差制して交流重賞初制覇。

怪物2歳牝馬グランアレグリア、朝日杯FSへ ルメールの都合上

新馬、サウジアラビアRCと連勝したグランアレグリア(牝2、美浦・藤沢和雄)が、朝日杯FS(12月16日、阪神、GⅠ、芝1600m)に向かう意向があることが31日、わかった。12月9日開催の牝馬限定競争・阪神JFでは、主戦のルーメル騎手が香港遠征につき騎乗出来ないため、1週後の牡馬相手のGⅠに挑む。

JRAが京都競馬場の整備構想を発表  開場100周年の記念事業として

京都競馬場開設 100 周年を迎える 2025 年の記念事業の一環として、今後も将来にわたり、地域とも調和した、快適で魅力的な競馬場施設であり続けるために、社会や時代に即したスタンドの改築・改修をはじめ、馬場、厩舎を含めた施設全体の一体的な再整備を構想・検討しているところでございます。