JRA広報「ダノンプレミアムは異常なし!」 ただの完敗だった模様

春のマイル王決定戦はGⅠ馬7頭を含む16頭によって争われ、2番人気のダノンプレミアム(牡4、中内田)は直線で沈み、最下位の16着にれた。ゴール入線後には川田将雅騎手が下馬した。同馬はレース後に東京競馬場内の診療所で検査を受けた結果、「異常なし」と診断され、大事には至らなかった。

安田記念でスタート直後4頭に不利 武豊騎手に開催1日の騎乗停止

ロジクライがスタートで大きく内にヨレて、アーモンドアイ、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、ロードクエストが大きく挟まれるアクシデントを誘発。ロジクライに騎乗の武豊騎手「スタートして一歩目は真っ直ぐ出たんですが、物見をして内に寄れてしまい3、4頭に迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」。

【安田記念】インディチャンプが鮮やかなレースでGⅠ初勝利! 2強撃破で春のマイル王に

6月2日の東京11Rで行われた第69回安田記念(3歳上OP、GⅠ、芝1600m、定量、16頭)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気インディチャンプ(牡4、音無)が快勝。春のマイル王の座に就いた。タイムは1分30秒9(良)。1番人気アーモンドアイは3着、2番人気のダノンプレミアムは直線で沈み、最下位に敗れた。

NO IMAGE

【英ダービー】アンソニーファンダイクがV オブライエン師はダービー7勝目

6月1日(現地時間)開催の第240回の英ダービー(英・エプソム競馬場、芝2410m、13頭)は、アンソニーヴァンダイク(牡3、A・オブライエン)が制した。勝ち時計2分33秒38。鞍上のシェーミー・ヘファナン騎手は英ダービー初制覇となった。このレース7頭出しで挑んだA・オブライエン調教師は英ダービー7勝目。

吉田哲哉氏「坂路に屋根をかけても、馬の脚が速くなるわけではありません(笑)」

社台ファーム副代表で、社台レースホース代表でもある吉田哲哉さんからお話をうかがう機会を頂きました。最近リニューアルした社台ファームの坂路コースを題材に、坂路が馬におよぼす育成効果についてお話をうかがいます。経営的視点から、ふだんのインタビューとは少し趣が異なるお話が聞けそうです。

川田将雅「圧倒的にメンバーがそろった安田記念。その中で圧倒的な飛び抜けた馬がいますので…」

一昨年の2歳王者ダノンプレミアム(牡4、中内田)が、約1年半ぶりのGⅠ2勝目を目指す。同馬は、マイル戦では3戦3勝。ダノンプレミアムに騎乗予定の川田将雅騎手は、2015年と2017年に安田記念を制しており今回勝てばグレード制が導入された後の同レースで最多タイの3勝目となる。

岡田牧雄氏「オルフェ競争能力は本当に凄かった。なぜ種牡馬失敗したのかわからない」

5月17日、船橋競馬場で「千葉サラブレッドセール」が行われ、全65頭が上場。年々注目度が増している同セール。今年もディープ産駒が7452万、カナロア産駒が5292万で落札されるなど大盛況。一方、この日、上場されたオルフェ産駒は3頭。1頭が2106万を記録したが、2頭目が918万、3頭目は主取という結果に終わった。

ロジャーバローズの勝利がまったく嬉しくなさそうな角居師が話題に

ロジャーバローズを管理する角居師は現役調教師では3人目となるダービー2勝目。異なる馬で同一年の皐月賞、ダービー制覇は史上初の偉業となったが、優勝会見に笑顔はなかった。「勝てたのはうれしいが、悲しさもある。ちょっと複雑です」。無敗2冠を狙った僚馬サートゥルナーリアが4着に沈み、手放しでは喜べなかった

浜中さん、ダービー勝ったのにあんま嬉しくなさそう

ダービー初制覇の浜中騎手は「実感が湧かないですね。まだ信じられない。びっくりしました。フワフワしています」と興奮気味に振り返った。ゴールの瞬間は「残っていると思ったけど、ダービーだし、これで違ったら嫌だから。戸崎さんに『オレ残ってる?』と聞いたら、『残ってる』と。嫌らしいでしょ(笑)」と振り返った。