ノーザンの使い分けがマスコミで批判されないのはなぜ?

ノーザンファームのJRAの年間勝利数は、11月終了時点で600勝を突破。約1ヶ月を残しての大幅な記録更新だ。またJCをアーモンドアイが制した時点で年間のGⅠ勝利数がJRA新記録12勝。9日に行われた阪神JFをダノンファンタジーが制したことで、更なる記録更新を果たした。もはや日本競馬の圧倒的一強だ。

浜中俊、今年初の重賞勝利で涙 若手騎手はそこまで追い込まれているのか

12月12日(水)の船橋競馬11Rで行われた第64回クイーン賞(JpnⅢ、3歳上OP、牝馬、選定馬、ハンデ、ダ・左1800m、11頭、1着2100万円)は、浜中俊騎手騎乗の2番人気アイアンテーラー(牝4、栗東・飯田雄三)が逃げ切り勝ち。初タイトルを獲得した。タイムは1分52秒7(不良)。

ノーザンファーム吉田勝己氏、現役の仏2歳女王を購入

8日にフランス・ドーヴィルでアルカナセールが行われた。このセールで、今年の仏2歳女王を決めるマルセルブーサック賞(10月7日、GⅠ、パリ・ロンシャン、芝1600m)を勝ったリリーズキャンドル(牝2)を、ノーザンファームの吉田勝己氏が代理人を通じて110万ユーロ(約1億4137万円)で購入した。

ミッキーロケット、有馬は短期免許で初来日オイシン・マーフィーで 和田騎手「クビにされた」

有馬記念に出走予定のミッキーロケットの鞍上が、和田竜二騎手から、短期免許で初来日するオイシン・マーフィー騎手(23歳、アイルランド)へと乗り替わりとなることが、10日わかった。元騎手の藤田伸二氏は、和田騎手本人からの情報として、鞍上を「クビ」になったとtwitterで伝えている。

クリスチャン・デムーロ来年から本格的に日本語学習を開始 JRA通年免許取得に備え?

現在はフランスを主戦場とするC.デムーロだが、兄に続くJRA通年免許の取得も視野に入れている。「ありがとうございます」「メッチャうれしい」。インタビューでは日本語を披露。「僕の1番人気は焼き肉。2番人気は寿司、刺身」。26歳のイタリアンは、来る日に向け、来年から本格的に日本語の勉強を開始するという。

船橋の森泰斗がJRAで1日3勝!

森泰斗騎手「中山競馬場で3勝させていただきありがたいことです。うちの師匠の事で気持ち作るのが大変でしたがそれなりに結果が出て良かったです。ミカヅキは残念でしたが1頭だけ58キロのなか頑張ってくれたと思います。船橋の調整ルームに向かいます。明日からの船橋競馬もよろしくお願いいたします」