アエロリット一覧

アエロリット戸崎はなぜ直線で最内を開けてアーモンドアイに譲ったのか?

第160回天皇賞・秋は、逃げるアエロリット(戸崎圭太騎手)を直線で内から一気に交わしたアーモンドアイが圧勝。アエロリットは、2着のダノンプレミアムからの首差3着と粘った。戸崎騎手「状態は、さらによくなっていた。自分の形で競馬ができたし、最後も2着に入りそうな感じがあった。本当にタフな馬」。

【天皇賞・秋】アーモンドアイが圧勝! 復権のVでGⅠ6勝目

10月27日東京11R「天皇陛下御即位慶祝 第160回天皇賞・秋」(GⅠ、3歳上OP、芝2000m、定量、16頭立て)は、C.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝4、国枝)が勝利。タイムは1分56秒2(良)。2着にダノンプレミアム(3番人気)、3着にはアエロリット(6番人気)が入った。

【ヴィクトリアマイル】ノームコアがレコードVでマイル女王! 神騎乗レーンがJRA・GⅠ初制覇

5月12日東京11R第14回ヴィクトリアマイル(GI、4歳上OP、芝1600m、牝馬、18頭)は、中団待機策に出たダミアン・レーン騎手騎乗の5番人気ノームコア(4歳、萩原)が逃げるアエロリットをゴール前でかわすと外から襲いかかったプリモシーンをクビ差抑えて快勝した。タイム1分30秒5(良)はレコード。

【ペガサスWCターフ】アエロリットは大惨敗 大差のブービー9着

ペガサスワールドCターフ(日本時間27日、米ガルフストリームパーク、GⅠ、芝1900m、4歳上、出走10頭)に日本からただ1頭参戦したアエロリット(牝5、菊沢)は9着に終わった。好スタートから2番手につけたが、3角からズルズルと後退。4角では先頭集団から大きく離され、直線は流すような感じで入線した。

【毎日王冠】アエロリットが牡馬を一蹴し優勝 モレイラの手綱で逃げ切りV

10月7日東京11Rで行われた第69回毎日王冠(3歳以上OP、GⅡ、芝1800m、別定、13頭、1着賞金6700万円)は、ジョアン・モレイラ騎手騎乗の1番人気アエロリット(牝4、美浦・菊沢隆徳)が堂々の逃げ切り勝ちで、天皇賞・秋の優先出走権を獲得。勝ち時計1分44秒5(良)はレコードにコンマ3秒差。

【安田記念】2週連闘のモズアスコットがGI初制覇!

3日東京11R第68回安田記念(3歳以上OP、定量、GI、芝1600m、16頭立て、1着=1億1000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の9番人気モズアスコット(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)がゴール寸前で差し切り快勝。重賞初制覇をGIで飾った。タイムは1分31秒3(良)はタイレコード。

安田記念枠順! スワーヴリチャード1枠1番 ペルシアンナイト3枠5番

GI馬7頭が集結する上半期のマイル王決定戦「第68回安田記念」(3日、東京、芝1600メートル)の枠順が決まった。スワーヴリチャード(栗東・庄野厩舎、牡4)は1枠1番、ペルシアンナイト(栗東・池江厩舎、牡4)は3枠5番、サングレーザー(栗東・浅見厩舎、牡4)は8枠15番。