オグリキャップ一覧

1200→1600→2000→2400→3200のリレーしたら一番強い世代チームは?

1998年から2019年末時点までの20年間における芝の古馬GⅠ(海外含む)について各世代ごとの勝利数を比較すると、ゴールドシップやジェンティルドンナを擁する12年クラシック組が20勝で1位となる。2位に18勝の04年組、3位は17勝で07年組、11年組が並ぶ。最強世代論争でしばしば挙げられる98年組は15勝。

広瀬すず「オグリキャップすご。。」

広瀬は25日、自身のTwitterで「オグリキャップすご。。鳥肌泊まらない。」と、突如ツイート。広瀬は、25日放送の『1番だけが知っている』(TBS系)を観たのだと思われる。同番組ではオグリキャップを特集。広瀬は年齢的にもオグリキャップを知らなくても当然で、初めて知って感動したということだろう。

平成で一番クソだったローテーションといえば

89年秋はオグリキャップの生涯で最も輝いていたシーズンだった。3人めの馬主に代わった直後に故障し、春を棒に振ったこともあり、3カ月余で6戦するローテーションを強いられた。新旧の馬主間で年間3億円というリース契約が結ばれていた事情もありオグリはマイルCSからJCという連闘を強いられることになった。

オグリキャップのGⅠ勝利数

オグリキャップ(1985年3月27日-2010年7月3日)は、競走馬、種牡馬。87年5月に笠松競馬場でデビュー。12戦10勝の活躍で、88年にJRA移籍。GⅠ4勝を含む重賞12勝を挙げ、その人気の高さは第2次競馬ブームの要因の一つとなった。88年最優秀4歳牡馬、90年年度代表馬。91年顕彰馬に選出。

武豊って若い頃あんだけ活躍して苛められたりしなかったの?

増沢 末夫(1937年10月20日生)は、JRAの元騎手・調教師。北海道亀田郡大野村(現・北斗市)出身。中学校卒業後騎手を志し、同級生の兄で騎手の竹部鈴雄より鈴木勝太郎調教師を紹介され、同厩舎に入門した。1955年より馬事公苑騎手養成課程受講。JRA移籍後のハイセイコーの主戦騎手として知られる。

武豊激白! 「いい馬に乗ってる」「強奪」って言われても「そうですけど」って感じ(笑)

武豊(49)が新たな金字塔を打ち立てた。史上初のJRA通算4000勝を達成(9 月29日、阪神10R)。希代の天才ジョッキーは、どこまで上り詰めるのだろうか? ひょうひょうとした外見からは想像もつかない競馬に対する情熱、飽くなき探究心、そして見据える将来…。独占インタビューで「武豊の真実」に迫った。

なぜ日本ではダート路線から芝で活躍する馬が出て来ないのか

イナリワン(1984年5月7日-2016年2月7日)は競走馬、種牡馬。北海道門別町(現:日高町)山本実儀生産。管理は福永二三雄(大井)から鈴木清(美浦北)。馬主は保手浜弘規。大井所属時に東京王冠賞と東京大賞典に優勝。1989年、JRAへ移籍すると同年にGI3勝、年度代表馬および最優秀5歳以上牡馬。

三大なぜ種牡馬失敗したか分からない馬 テイエムオペラオー、シンボリクリスエス

テイエムオペラオーは、種牡馬となる際、社台SS入りする交渉が不調に終わり、馬主の竹園が個人所有する形となった。2002年はイーストスタッドに、翌年からは日高軽種馬農業協同組合の門別種馬場に繋養される。2010年にレックススタッドへ移動。2012年に白馬牧場に移ったが、繋養地は非公開とされていた。