キタノコマンドール一覧

デムーロ「僕はついてない。ドゥラメンテが菊花賞に出てたら絶対に勝てると思ってた」

2015年の皐月賞、ダービーを圧倒的なパフォーマンスで制し、菊花賞で三冠を…と思っていた矢先、デムーロ騎手のもとに入ってきたのが「放牧先での骨折」という一報。当時を振り返り「すごくショックだった。やっぱり僕はついてないなと思った。菊花賞は絶対に勝てると思ってたから」とデムーロ騎手は語る。

シュガーハートの2017(キタサンブラック全弟)の馬名決定

キタサンブラックの全弟シュガーハートの17は、2017年のセレクトセール当歳部門で、(株)DMM.comが1億4500万円で落札した。DMMバヌーシーより1口4万3500円(全100口)総額4億3500万円で募集されている。栗東・武幸四郎厩舎への入厩が決まっている。

DMMダービー記念パーティーが豪華ゲストを揃えていた模様

第85回東京優駿で、M・デムーロ騎手騎乗のキタノコマンドール(牡3=池江厩舎)は直線で伸び切れず12着。同馬はクラブ法人「DMMドリームクラブ」の所有馬で、同クラブが運営するサービス「DMMバヌーシー」で出資が募集された競走馬。ビートたけしが名付け親となり、デビュー当時から注目を浴びてきた。

DMMバヌーシー、なんだかんだ大成功?

DMMバヌーシー事業統括の野本巧氏は「このサービスを投資と捉える方にはお勧めできない。この商品は、元本を下回る可能性が極めて高い」。少額でも馬主になれることで、その馬により愛着を持ち応援できることがサービスの本質だと説明し、そうしたコンセプトに賛同できる人にだけ使ってほしいと強調した。

福永ばっか言われてるけど4角の位置取り見ると福永、ルメール、デムーロ全員同レベル同罪じゃね?

7着 ワグネリアン(福永祐一騎手) 「4コーナーで仕掛けたときに加速しきれず、そのままゴールをむかえるまで加速しきらないままでした。理由は明らかではありませんが、もしかすると軟らかい馬場が影響したのかもしれません。直線でも勝ち馬とそこまで離されていなかったのですが、届かず残念でした」

【皐月賞】エポカドーロが1冠制す! 戸崎騎手はクラシック初制覇

牡馬クラシック3冠ロード第1弾「第78回皐月賞」(G1、芝2000メートル)が15日、中山競馬11Rで行われ、戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡3=藤原英厩舎)が優勝。伝統の競走でG1初勝利を挙げた。鞍上の戸崎は中央G1通算7勝目で今年は初勝利。管理する藤原英師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

第78回 皐月賞枠番決定 ワグネリアン1枠2番 ステルヴィオ8枠15番

第78回皐月賞(15日・中山11R2000メートル芝16頭、G1)枠順が12日に決まり、弥生賞2着のワグネリアンは(1)枠2番に入った。 スプリングステークスを制したステルヴィオは(8)枠15番、ホープフルSの勝ち馬タイムフライヤーは(1)枠1番、共同通信杯優勝のオウケンムーンは(5)枠9番からのスタートになった。