ゴールドアクター一覧

ゴールドアクターが引退、種牡馬入りへ 15年の有馬記念V

2015年のGⅠ有馬記念など芝の中長距離で重賞4勝を挙げたゴールドアクター(牡7、美浦・中川)が引退し、北海道新冠町・優駿スタリオンステーションで種牡馬入りすることになった。通算成績は24戦9勝。9月23日の産経賞オールカマー11着がラストランだった。初年度の種付料は50万円となる見込み。

種牡馬スクリーンヒーローについて

スクリーンヒーロー (2004年4月18日生) は、競走馬・種牡馬。社台ファーム生産。管理はJRA美浦・矢野進厩舎のち鹿戸雄一厩舎。馬主は吉田照哉。主な勝ち鞍は08年のJC。09年引退し、レックススッタッドで種牡馬入り。初年度産駒(登録54頭)からモーリスとゴールドアクターの2頭のGⅠ馬を輩出。

ゴールドアクター、引退か 中川師「馬の気持ちが切れている。引退含みでオーナーと相談する」

2015年有馬記念優勝馬で、前走の産経賞オールカマーで11着に敗れたゴールドアクター(牡7、美浦・中川)が、このまま引退する可能性が出てきた。中川調教師は「直線でやめちゃっている。体は全然問題ないけど、気持ちの問題。引退の可能性も含めてオーナーと相談します」と今後の見通しを口にした。

【オールカマー】レイデオロがアルアインとのマッチレースを制し優勝!

9月23日中山11R第64回産経賞オールカマー(3歳以上OP、別定、GⅡ、芝2200メートル、12頭、1着6700万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和雄)が先に抜け出した同世代の皐月賞馬アルアインをゴール前でクビ差とらえてV。タイムは2分11秒2(良)。

ゴールドアクターのオールカマーでの復活はあると思う?

ゴールドアクター(2011年5月18日生)は競走馬。北海道新冠町北勝ファーム生産(代表はオーナーでもあった居城要。現オーナーは要の長男・寿与)。母ヘイロンシン(母父キョウワアリシバ)は障害馬で、居城は障害馬にするつもりで同馬を生産した。管理は美浦・中川公成厩舎。主な勝ち鞍に2015年の有馬記念。

スクリーンヒーロー、種付料600万

スクリーンヒーロー (2004年4月18日生) は競走馬、種牡馬。社台ファーム生産。2008年のジャパンカップの勝ち馬。2009年に引退し、種牡馬となった。非常に安価な種付料でのスタートながら、初年度産駒からモーリス、ゴールドアクターの2頭のGⅠ馬を排出する結果を出した。