サクソンウォリアー一覧

サクソンウォリアーにアメリカンファラオ、ジャスティファイも豪州にシャトル供用へ

クールモアは、2018年と2015年の米国三冠馬であるジャスティファイとアメリカンファラオを、クールモア豪州にシャトルする。また、サクソンウォリアーと、メンデルスゾーンのシャトルも決定。サクソンウォリアーの種付料は2万4,750豪ドル、メンデルスゾーンは1万7,600豪ドル(約141万円)となる予定。

ディープ産駒サクソンウォリアーが屈腱炎で電撃引退 日本産馬初の欧州クラシック勝ち馬

現地15日行われたGⅠ愛チャンピオンSで2着だったディープインパクト産駒のサクソンウォリアー(牡3、愛・Aオブライエン)が、同レース中に左前屈腱炎を発症したため引退する。主な勝ち鞍にレーシングポストT、英2000ギニー。今後は未定だが、欧州での種牡馬入りが見込まれる。通算9戦4勝。

【愛チャンピオンS】ロアリングライオンがV サクソンウォリアー首差2着、スタディオブマン5着

現地時間9月15日に愛・レパーズタウン競馬場で行われた愛チャンピオンS(GⅠ、芝2000m、7頭)に、サクソンウォリアーとスタディオブマンの2頭のディープ産駒が出走。サクソンウォリアーをロアリングライオンがゴール前で差し切り、クビ差勝ち。スタディオブマンは5着。勝ち時計2:07.21(良)

【英インターナショナルS】ロアリングライオンが圧勝! サクソンウォリアーはゴール前で失速4着

インターナショナルステークス(正式名称:Juddmonte International Stakes)は、イギリスのBHA(英国競馬統括機構)がヨーク競馬場の芝10ハロン56ヤード(約2063m)で施行するG1競走。出走条件は3歳以上。1972年にベンソン&ヘッジズゴールドカップとして設立された。

【仏ギヨームドルナーノ賞】ディープ産駒の仏ダービー馬スタディオブマンは3着

15日に行われた仏GⅡ・ギヨームドルナーノ賞(3歳限定、芝2000m、7頭)は、最低人気ナイトトゥビホールド(牡3、英・H.ダンロップ厩舎)が、逃げ切り優勝。タイム2:06.10(稍重)。1番人気ディープ産駒の仏ダービー馬スタディオブマン(牡3、仏・P.バリー厩舎)は、勝ち馬から6馬身差の3着。

【英・エクリプスS】連闘のサクソンウォリアーは2着で3連敗

エクリプスS(G1、芝1990m、3歳上、出走7頭)が現地7日、英サンダウン競馬場で行われ、ディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、A・オブライエン)は2着だった。デビュー4連勝から一転して、3連敗となった。勝ち馬はO・マーフィー騎手騎乗のロアリングライオン(牡3)。

ディープ産駒サクソンウォリアー、連闘でエクリプスS挑戦か?

6月30日の愛ダービーで3着に敗れた、ディープインパクト産駒・サクソンウォリアー(牡3)が、7日に英サンダウン競馬場で行われるG1エクリプスS(芝2000メートル)に連闘する可能性が出てきた。地元メディアは、オブライエン師が現地時間6日朝の馬の状態を見て、出否を判断すると伝えている。

オブライエン「サクソンウォリアーは想定以上に成長力がなかった」

A・オブライエン師は地元メディアに対し、「英ダービーより良かったし、満足している。少し休ませた後、英インターナショナルS(G1、芝2050メートル、8月22日=ヨーク)か、愛チャンピオンS(G1、芝2000メートル、9月15日=レパーズタウン)が目標になると思う」と話した。

【愛ダービー】1番人気のディープ産駒サクソンウォリアーは3着に敗れる

愛ダービーが現地6月30日にカラ競馬場で行われ、R・ムーアが騎乗したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(A・オブライエン厩舎)は3着。ブックメーカーのオッズは英ダービー2着のディーエックスビーを抑えて断然の1番人気。僚馬3頭も投入して4頭出しで臨んだが、英ダービーの雪辱は果たせなかった。

【仏ダービー】ディープインパクト産駒スタディオブマンが快勝!

仏ダービー(芝2100メートル)が3日にシャンティイ競馬場で行われ、ディープインパクト産駒のスタディオブマン(牡、愛国産)が優勝。同産駒は仏ダービー初制覇を果たすとともに5月27日の日本ダービー(ワグネリアン)との日仏ダービーVの偉業を達成した。