サクラローレル一覧

ナリタブライアンって本当に強かったの?

ナリタブライアン(1991年5月3日-98年9月27日)は、競走馬・種牡馬。JRA史上5頭目の三冠馬。93年8月デビュー。同年11月から95年3月にかけ三冠含むGI5連勝。95年春に股関節炎を発症し、以後低迷。96年10月引退し、種牡馬。98年9月に胃破裂を発症し、安楽死処分。97年、顕彰馬選出。

サクラローレル逝く、29歳 競馬ブーム絶頂期96年の年度代表馬

96年に天皇賞・春、有馬記念のGⅠ2勝を挙げ同年の年度代表馬に輝いたサクラローレル(父レインボウクエスト、母ローラローラ)が24日、老衰のため繋養先の新和牧場(新ひだか町)で死んだ。29歳だった。通算22戦9勝(重賞5勝)。種牡馬としては、サクラセンチュリー(05年日経新春杯など重賞3勝)などを輩出。

マヤノトップガン死す 27歳大往生、95年菊花賞などGⅠ4勝

95年の有馬記念などGⅠを4勝し、同年の年度代表馬、最優秀3歳牡馬に選出されたマヤノトップガン(牡27)が繋養先の優駿スタリオンステーションで老衰のため11月3日に死んだ。引退後は同ステーションにて種牡馬供用され、ステイヤーズSなど重賞2勝のチャクラ、ダート重賞5勝のメイショウトウコンを送り出した。

マヤノトップガンってG1を4勝した馬のわりに最強馬論争に上がらないよな

マヤノトップガンは日本の元競走馬、種牡馬。1995年に年度代表馬。主な勝ち鞍は菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春。引退後、7億2000万円のシンジケートが組成され種牡馬となり、優駿スタリオンステーションに繋養された。2015年3月11日付で種牡馬登録を抹消。

マーベラスサンデーについて知ってること

マーベラスサンデーは日本の元競走馬、元種牡馬。おもな勝ち鞍は1997年の宝塚記念など。同年のJRA賞最優秀5歳以上牡馬。主戦騎手はデビューから引退まで、一貫して武豊が務めた。競走馬引退後は、北海道新冠町のCBスタッドで種牡馬となる。2016年6月30日、老衰のため死去。24歳であった。