シェーングランツ一覧

ポリトラック調教に移行した藤沢和雄「ウッドチップで負荷をかけるなんて言ってる日本は時代遅れ」

藤沢厩舎は、今秋、追い切りの主舞台をウッドチップからポリトラックへ移行。「世界を見渡しても調教の舞台はポリトラックの坂路。ウッドチップで負荷をかけるなんて言ってるのは日本だけだ」と力説する師。この日はシェーングランツ、グランアレグリアに続き有馬記念出走のレイデオロもポリトラックで馬なり調教を行った。

今年まだGⅠ未勝利の武豊、阪神JFで最大のチャンス

9日に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ、2歳、牝馬限定、芝1600m)には、アルテミスSで後方待機からの直線一気を決めたシェーングランツ(牝2、美浦・藤沢和雄)は武豊騎手、ファンタジーSを制したダノンファンタジー(牝2、中内田充正)はC.デムーロ騎手での出馬が想定されている。

【アルテミスS】シェーングランツが直線一気のV ソウルスターリング半妹が魅せた

10月27日の東京11R・第7回アルテミスステークス(2歳OP、牝馬、GⅢ、芝1600m、15頭、1着2900万円)は、武豊騎手騎乗6番人気シェーングランツ(美浦・藤沢和雄厩舎)が大外一気の強襲で重賞初制覇。シェーングランツの上がり3ハロンはメンバー中最速の33秒7。勝ちタイム1分33秒7(良)。