デムーロ一覧

シュヴァルグラン、JCの鞍上はクリスチャン・デムーロ

ジャパンカップ連覇を狙うシュヴァルグラン(牡6、友道)が、クリスチャン・デムーロ騎手(26)との新コンビを結成した。14日、同馬を管理する友道調教師が発表した。当初はボウマン騎手の予定だったが、6日の豪・メルボルンCで科された騎乗停止処分により今月27日まで騎乗ができず、陣営が鞍上を調整していた。

サートゥルナーリアはホープフルSへ

サートゥルナーリア(牡2、父ロードカナロア、中竹和也)はホープフルステークス(12月28日、中山)に行くことが11月14日、発表された。同馬は新馬戦から2連勝、クラシック候補と目されている。辻野助手「現在はノーザンファームしがらきにいます。レース3週間前ぐらいに栗東に戻って調整を進める予定です」

ミルコ・デムーロ騎手、やっぱり離婚していた模様

ミルコ・デムーロ(1979年1月11日生)は、JRA栗東の騎手。イタリア・ローマ出身。94年、イタリアで騎手免許を取得。95年、見習騎手リーディング。97年から00年まで4年連続イタリアのリーディング。99年に短期免許で初来日。15年、JRA騎手免許試験に合格し、JRA初の外国人の通年騎手となった。

京都競馬で外国人騎手が全12レース中11勝 7Rごろからざわつき始める競馬板

11日の京都競馬で全12競争中11競争で外国人騎手が勝利する珍事。内訳はモレイラが5勝、C.デムーロが3勝、ルメール騎手が3勝。メイン11Rのエリザベス女王杯まで外国人騎手が勝ち続けた。前日10日の京都開催でも11、12RでM.デムーロが勝利しており、京都競馬では外国人騎手が13連勝したこととなる。

【デイリー杯2歳S】アドマイヤマーズが逃げ切りVで3連勝

11月10日京都11R第53回デイリー杯2歳S(2歳OP、GⅡ、芝外1600m、9頭、1着3800万円)は、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気アドマイヤマーズ(牡、友道)がハナを奪って直線に向くと、2番手から並びかけてきたメイショウショウブを3/4馬身突き放して逃げ切り勝ち。タイムは1分35秒4(良)。

ルメールってここ1~2年で明らかに上手くなったよな

クリストフ・ルメール(1979年5月20日生)は、フランス生まれのJRA所属騎手。競馬学校ではない一般の高校卒業後、99年にフランスの騎手免許を取得。10年よりアガ・カーンの主戦騎手。15年、JRA免許試験に合格。同時に合格したミルコ・デムーロと共に、外国人として初めてJRAの通年免許を取得。

川田「ダンビュライトで落馬した戸崎圭太です」

社台サラブレッドクラブ、サンデーサラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの愛馬会法人は、年に1回、合同で、「会員の集い」を開催している。開催地は、隔年で関東と関西が入れ替わる。この会には毎回人気騎手や有力調教師が多数参加し、たいへんな盛会となる。

【京王杯2歳S】ファンタジストがハナ差を制し無傷の3連勝 重賞2勝目

11月3日の東京11R第54回京王杯2歳ステークス(2歳OP、GⅡ、芝1400m、8頭、1着3800万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気ファンタジスト(牡、栗東・梅田智之)が好位から伸びて、最内のアウィルアウェイとの競り合いを制した。タイムは1分24秒7(良)。ファンタジストは無傷の3連勝で重賞2勝目。

山田敬士の騎乗停止が3週目に入ろうとしてるのに処分の続報がないよね?

10月24日(水)、JRA本部において「騎手 山田敬士の競走距離錯誤」に関する1 回目の裁定委員会が開催された。処分については、行政手続法に基づき山田敬士騎手に弁明の機会を付与したうえで、第2回裁定委員会において最終的な決定される。処分の内容等については第2回裁定委員会終了後に発表される。

【萩S】サートゥルナーリアが大楽勝 評判馬対決を制し世代トップの能力を証明

10月27日の京都9R・萩ステークス(2歳OP、芝・外1800m、別定、ブレイキングドーンが馬場入り後放馬、競走除外)は、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡、栗東・中竹和也)がゴール前持ったままの大楽勝。6月の新馬勝ち以来の2走目であっさりとオープン勝ち。タイム1分49秒6(良)。