デムーロ一覧

デムーロ「僕はついてない。ドゥラメンテが菊花賞に出てたら絶対に勝てると思ってた」

2015年の皐月賞、ダービーを圧倒的なパフォーマンスで制し、菊花賞で三冠を…と思っていた矢先、デムーロ騎手のもとに入ってきたのが「放牧先での骨折」という一報。当時を振り返り「すごくショックだった。やっぱり僕はついてないなと思った。菊花賞は絶対に勝てると思ってたから」とデムーロ騎手は語る。

ギルデッドミラー福永、NHKマイルCを振り返り「ここまでペースが遅くなるとは」

好位を進んだ6番人気ギルデッドミラーが3着。2着馬とともに牝馬が躍動した。福永騎手が「ここまでペースが遅くなるとは…。よく差し込んでいます。まだまだ良くなると思うし、来年のヴィクトリアマイルが楽しみ」といえば、松永幹調教師も「去年では考えられなかったくらい競馬が上手になりました」と成長ぶりをたたえた。

【NHKマイルC】ラウダシオンが3歳マイル王に輝く 鞍上デムーロは連覇

5月10日東京11R第25回NHKマイルカップ(GⅠ、3歳OP、芝1600m、定量、18頭立て)は、M.デムーロ騎手騎乗の9人気ラウダシオン(牡、斉藤)が重賞初Vとなる勝利で、3歳マイル王に輝いた。勝ち時計1分32秒5(良)。1馬身半差2着レシステンシア、さらに3/4差遅れ3着ギルデッドミラー。

サトノインプレッサ、NHKマイルの鞍上は武豊 ラヴズオンリーユーはデムーロとコンビでVMへ

昨年のオークスを制したラヴズオンリーユー(牝4、矢作)が、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、芝1600m)に参戦することが17日、明らかになった。矢作師は「ミルコ(デムーロ)で行きます」と語った。また、僚馬でNHKマイルCに出馬するサトノインプレッサ(牡3)は武豊騎手とのコンビが決まった。

【大阪杯】ラッキーライラックが快勝、GI3勝目! 2着クロノジェネシスと牝馬ワンツー

4月5日阪神11R第64回大阪杯(4歳上OP、定量、GI、芝2000m、12頭立て)は、M.デムーロ騎手騎乗のラッキーライラック(牝5、松永)が快勝し、GI3勝目。17年のGI昇格後、初の牝馬による優勝。勝ち時計1分58秒4(良)。クビ差2着にクロノジェネシス、さらにクビ差遅れ3着にダノンキングリー。

国枝師「サトノフラッグ、次走は皐月賞。鞍上未定、これから考えます」

8日の弥生賞ディープインパクト記念は、サトノフラッグ(牡3、国枝)が勝利。一躍、皐月賞の有力馬に躍り出た。武豊騎手は「良馬場ならもっと走れそう。非常に楽しみな馬」と最大級の評価。ただし「本番の武はマイラプソディでしょう。先約ですし、オーナーが松島正昭氏」と記者が言う様に、既定路線はマイラプソディだが…。

池添さん、武豊の離婚・再婚疑惑に火の玉ストレート

『武豊TV! Ⅱ』は、2009年4月よりCS放送のフジテレビoneで毎月1回(各開催終了後)放映されている番組。武豊騎手が自らの騎乗を振り返えるコーナーを中心に、同騎手の素顔、またゲストとの交遊録などで構成される。毎年1月恒例の特別企画として、騎手をゲストに迎えて行われるジョッキー新年会がある。

田辺とルメール、自らデザインした勝負服で地方競馬参戦

地方競馬(NAR)ではホッカイドウ競馬の一部のケースを除き、騎手ごとに勝負服が定められる。中央競馬では使えない色や柄が一部使用出来る。中央競馬の騎手が地方競馬場に指定交流戦のために遠征し、一般戦などで地元所属馬に騎乗する場合は、基本的には枠順に合わせた色の勝負服がJRA所属騎手用とし用意される。

【東京大賞典】オメガパフュームが史上4頭目の連覇達成! 2、3着に地方勢

12月29日大井10R第65回東京大賞典(GⅠ、3歳上OP、定量、ダ右2000m、13頭立て)は、デムーロ騎乗で2人気オメガパフューム(牡4、安田)が3角から積極的に進出すると直線で抜け出し、連覇を達成した。タイムは2分04秒9(稍重)。1馬身差2着にノンコノユメ、さらに2馬身差3着にモジアナフレイバー。