ノーザンファーム天栄一覧

社台ファームの新外厩「チャンピオンヒルズ」がヤバすぎると話題に

チャンピオンヒルズは、社台ファームやチャンピオンズファーム等が共同企業連合体として建設を進めているいわゆる外厩施設。山林72haを造成し、最大500頭収容の厩舎や1000mの周回コースなどを設ける。隣接地に乗馬クラブのほか、農産品販売施設、レストランなどを併設、認可こども園や福祉施設の誘致も目指す。

ノーザンファーム天栄場長・木實谷氏への嫉妬と正当な指摘が渦巻くスレ

木實谷雄太(1980年8月5日生)は、ノーザンファーム天栄の場長。東京都出身。東京農工大卒。JRAの厩務員を目指し、学生時代は馬術部に所属。卒業後、03年からノーザンファーム空港で勤務。同年12月より山元トレーニングセンターへ異動。11年10月よりノーザンファーム天栄に移り、15年から場長を務める。

ワグネリアンが有馬も回避みたいなんだけど

ワグネリアン(2015年2月10日生)は、競走馬。父ディーぴインパクト、母父キングカメハメハ。ノーザンファーム生産。友道康厩舎所属。馬主は金子真人。本馬の父、母、母父、母母も金子の持ち馬であった。主な勝ち鞍は、2017年の東京スポ杯2歳S、2018年の東京優駿、神戸新聞杯。

木村哲也調教師、初GⅠ制覇で号泣「皐月賞は私が調教を失敗した。秋で挽回したかった」

レース後、木村師は人目もはばからず泣いた。開業から8年目、のべ16回目の挑戦で届いたGⅠタイトル。毎年、大手牧場生産の名血が送り込まれる関東のホープ厩舎。両肩にかかるプレッシャーは相当だったに違いない。「皐月賞の時は、レース当週の調教を私が失敗した。秋は絶対挽回したかった」。感慨はひとしおだ。

NF天栄の木實谷氏「トライアルは無意味だし、天栄から帰厩した馬に休み明けという表現は適さない」

木實谷雄太(1980年8月5日生)は、ノーザンファーム天栄の場長。東京都出身。東京農工大卒。JRAの厩務員を目指し、学生時代は馬術部に所属。卒業後、03年からノーザンファーム空港で勤務。同年12月より山元トレーニングセンターへ異動。11年10月よりノーザンファーム天栄に移り、15年から場長を務める。

レイデオロは天皇賞・秋へ ワグネリアンとマカヒキとの3世代ダービー馬が激突

9月23日の産経賞オールカマー勝ち馬のレイデオロ(牡4、美浦・藤沢和雄)は、引き続きC.ルメール騎手とのコンビで天皇賞・秋(10月28日、芝2000m)に向かうことが30日、分かった。藤沢師は「天栄で馬をチェックしてもらったけど、特に問題はなさそうだし、オーナーサイドとも協議して天皇賞にした」

最近、間隔を詰めて使うことができない馬が増えてる気がする

ノーザンファーム天栄は、福島県天栄村にあるノーザンファーム運営の競走馬育成牧場。いわゆる外厩と称される施設。255の馬房、屋外900m坂路、屋外1200m周回コース、角馬場2面などを備える。前身は早田牧場運営の天栄ホースパーク。2011年、同牧場の経営破綻により、ノーザンファームが買収。

レイデオロ、天皇賞・秋は回避 オールカマーからジャパンカップ直行へ

オールカマーは、JRAが中山競馬場で施行する重賞競走(GⅡ、芝2200m、3歳上、別定)。番組表での名称は「産経賞オールカマー」。正賞は産経新聞社賞。品種や所属を問わず門戸を開けたレースとして1955年に創設。当初は4歳(現3歳)以上の馬によるハンデ戦で、中山競馬場の芝2000mで行われた。