フローラステークス一覧

牝馬からも重賞馬誕生 種牡馬スクリーンヒーローをあらためて語りたい

スクリーンヒーロー (2004年4月18日生) は、競走馬・種牡馬。社台ファーム生産。管理は矢野進厩舎のち鹿戸雄一厩舎。馬主は吉田照哉。主な勝ち鞍は08年のJC。09年引退し、レックススッタッドで種牡馬入り(初年度種付料30万円)。登録54頭の初年度産駒からモーリスとゴールドアクターのGⅠ馬2頭を輩出。

【フローラS】サトノワルキューレが直線一気の差し切り勝ち

東京11R第53回フローラステークス(3歳オープン、牝馬、GII、芝2000メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=5200万円)は、M・デムーロ騎手騎乗の1番人気サトノワルキューレ(栗東・角居勝彦厩舎)が勝利、2着パイオニアバイオ(13番人気)とともにオークスの優先出走権を獲得した。タイム1分59秒5(良)。