マルターズアポジー一覧

【富士ステークス】ロジクライが快勝! 2年9カ月ぶりの重賞制覇

10月20日の東京11Rで行われた第21回富士ステークス(3歳上OP、GⅢ、芝1600m、別定、18頭、1着4100万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気ロジクライ(牡5、栗東・須貝尚介)が2番手追走から直線は内めを伸びて快勝。2年9ヶ月ぶり重賞勝ちとなった。タイムは1分31秒7(良)。

柴田善臣「的場騎手はいまだにガツガツしていてすごいね。俺は今楽しんで乗ってるよ」

第54回札幌記念(19日)には、JRA現役最年長ジョッキーの柴田善臣騎手(52)が、マルターズアポジーと参戦。地方競馬では12日に的場文男騎手(61)が日本記録の通算7152勝に到達。自身は先週までに2254勝。「俺はどうだろうな? 若い頃はガツガツしてたけど今は馬に乗ることがすごく楽しいんだ」

【鳴尾記念】ストロングタイタンがレコードで重賞初勝利!

2日阪神11R第71回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、11頭立て、1着賞金=4100万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の4番人気ストロングタイタン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が内から力強く抜け出し重賞初制覇。タイム1分57秒2(良)はコースレコード。