マーフィー一覧

ダミアン・レーン騎手に5月23日から7月21日までの短期騎手免許を交付

JRAは20日、ダミアン・レーン騎手に5月23日から7月21日までの短期免許交付を発表した。身元引受は堀宣行、契約馬主は吉田和美。今年はすでに4月18日から5月17日まで短期免許で騎乗。防疫のため今後も入出国が簡単な情勢でないと判断し、延長を選択した。外国人の短期免許は年間最大3ヶ月で、本年分を全て使い切る。

横山武史騎手が関東リーディングトップに 今年11日しか乗っていないマーフィーに追いつく

3日の福島1Rでツインシップ(牡3、石栗)が1着となり、横山武史騎手は今年JRA27勝目。勝利数でマーフィー騎手と並び、関東リーディングジョッキーとなった。マーフィー騎手は今年は1月5日~2月3日の期間でJRA短期免許を取得。初週の1月5日・6日に計8勝をあげて以来、関東リーディングの首位に立っていた。

国枝師「サトノフラッグ、次走は皐月賞。鞍上未定、これから考えます」

8日の弥生賞ディープインパクト記念は、サトノフラッグ(牡3、国枝)が勝利。一躍、皐月賞の有力馬に躍り出た。武豊騎手は「良馬場ならもっと走れそう。非常に楽しみな馬」と最大級の評価。ただし「本番の武はマイラプソディでしょう。先約ですし、オーナーが松島正昭氏」と記者が言う様に、既定路線はマイラプソディだが…。

【モハメドユスフナギモーターズC】ディアドラ差され2着 ブックメーカーでも断然人気だったが…

2月29日モハメド・ユスフ・ナギ・モーターズC(サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ、芝2100m、8頭立て)に出走したO.マーフィー騎手騎乗のディアドラ(牝6、橋田)は、2着に敗れた。ブックメーカーは断然人気に支持していただけに陣営もショック。橋田師「負けるとは思っていなかった。詰め切れなかった」

マーフィー、開催11日間で27勝! おかげで関東リーディングが悲惨なことに…

オイシン・マーフィー騎手(24)は短期免許最終日の2日、東京で2勝。年明けから開催11日間で27勝と驚異的なペースで勝ち星を量産。リーディング首位を守ったまま、帰国の途に就く。最終レース後は、約15分間にわたってファンサービスに応じ、別れを惜しんでいた。秋は天皇賞・秋の週から短期免許での騎乗予定。

【根岸S】モズアスコットが初ダートで圧巻V! 18年安田記念以来の勝利で重賞2勝目

2月2日東京11R第34回根岸ステークス(GⅢ、4歳上OP、別定、ダ1400m、16頭立て)は、ルメール騎手騎乗のモズアスコット(牡6、矢作)がスタート出遅れながらコパノキッキングをゴール前とらえて勝利。初のダート戦で、重賞2勝目。タイムは1分22秒7(良)。2着コパノキッキング、3着スマートアヴァロン。

池添さん、武豊の離婚・再婚疑惑に火の玉ストレート

『武豊TV! Ⅱ』は、2009年4月よりCS放送のフジテレビoneで毎月1回(各開催終了後)放映されている番組。武豊騎手が自らの騎乗を振り返えるコーナーを中心に、同騎手の素顔、またゲストとの交遊録などで構成される。毎年1月恒例の特別企画として、騎手をゲストに迎えて行われるジョッキー新年会がある。

【ジャパンC】スワーヴリチャードが復権V マーフィー騎手はJRAのGⅠ初制覇!

11月24日東京11R第39回ジャパンカップ(3歳上OP、芝2400m、定量、15頭立て)は、オイシン・マーフィー騎手騎乗のスワーヴリチャード(牡5、庄野)が昨年の大阪杯以来となる復活劇でGⅠ2勝目。タイムは2分25秒9(重)。3/4馬身差2着カレンブーケドール、さらに1馬身半差遅れた3着ワグネリアン。

【英・ナッソーS】ディアドラが英GⅠ制す! 日本馬19年ぶりの偉業

牝馬限定のGⅠ「ナッソーS」(英・グッドウッド競馬場)は、日本から出走したディアドラ(牝5、橋田)が、道中後方3番手から直線で最内を伸び、粘る英国馬メダーイーをゴール寸前でとらえた。ドバイターフ(4着)、QE2世C(6着)、プリンスオブウェールズS(6着)に続いて挑んだ今年の海外4戦目で栄冠を掴んだ。

NO IMAGE

【英ダービー】アンソニーファンダイクがV オブライエン師はダービー7勝目

6月1日(現地時間)開催の第240回の英ダービー(英・エプソム競馬場、芝2410m、13頭)は、アンソニーヴァンダイク(牡3、A・オブライエン)が制した。勝ち時計2分33秒38。鞍上のシェーミー・ヘファナン騎手は英ダービー初制覇となった。このレース7頭出しで挑んだA・オブライエン調教師は英ダービー7勝目。