ミスタープロスペクター一覧

フォーティナイナー死去、35歳 日本では3頭のGⅠ馬を輩出

日本軽種馬協会は18日、同静内種馬場で繋養されていたフォーティナイナーが同日午後0時30分、老衰で死んだと発表した。35歳。2歳時に米国最優秀2歳牡馬に選出。3歳時もGⅠ2勝で通算19戦11勝。米国で種牡馬入りし、96年にリーディング獲得。同年に日本に輸入され、07年引退後は功労馬として余生を送っていた。

オルフェーヴル、今年の種付け数は200超へV字回復との噂

オルフェーヴル産駒の活躍が目立っている。5月2週の開催が終わった次点でサイアーランキングは4位。生産者からの反応も良く、今年は配合の申込がひっきりなしに入るとのこと。オルフェーヴルを繋養する社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「産駒成績は芝やダート、距離適正など、条件を問わず好調」と語る。

サンデー系がキンカメ系ごときに喰われるのが悔しいです

ヘイルトゥリーズン(Hail to Reason、1958-76年)は米国の競走馬、種牡馬。60年の米2歳チャンピオン。直仔や孫も多数種牡馬入りし米国と日本で成功したが、現在ではロベルトとヘイロー(ともに直仔)の二系統にほぼ収斂した。日本では、ヘイロー直仔のサンデーサイレンスが一大系統を築いている。

種牡馬入りの基準がよく分かんないんだけど

サラブレッドを含む軽種馬の血統登録は日本軽種馬登録協会が行っており、新たに種牡馬となるものは同協会で登録を受ける必要がある。人工授精については、DNA鑑定の進歩により親子関係の取り違いの可能性が小さくなったことから、国際血統書委員会でもたびたび解禁が議題に上がっているが、いまだ解除に至っていない。