メイショウサムソン一覧

ここ20年で一番影の薄いダービー馬

ディープブリランテ (2009年5月8日生) は競走馬、種牡馬。パカパカファームが生産し、09年のセレクトセールでノーザンファームが3,100万円で落札した。矢作芳人厩舎管理。サンデーレーシングにより4400万円(1口110万円×40)で募集された。主な勝ち鞍に12年東京優駿。13年より種牡馬。

メイショウサムソンがイマイチ主役になりきれなかった理由

メイショウサムソン(2003年3月7日生)は元競走馬、種牡馬。父オペラハウス、母父ダンシングブレーブ。林孝輝生産。管理は瀬戸口勉のち高橋成忠。馬主は松本好雄。主な勝ち鞍に06年皐月賞、東京優駿、07年天皇賞・春および秋。09年1月に引退し、社台SSにて種牡馬入り。13年11月、イーストスタッドへ移動。

メイショウ松本好雄オーナーってアンチ少ないよな

松本 好雄(1938年1月6日生)は、実業家、馬主。兵庫県明石市出身。株式会社きしろ代表取締役会長。日本馬主協会連合会会長名誉会長。1974年、JRAに馬主登録。毎世代50頭近くを所有する大馬主として知られる。冠名「メイショウ」は、「"明"石の"松"本」に由来し、また同じ発音の「名将」ともかけている。

安い馬だけど獲得賞金が億超えてるの

GIを7勝し18億円余りの賞金を稼ぐ事になるテイエムオペラオーだが、セリ市では竹園に競りかけてくるものは誰も出ず、スタート価格の1000万円で落札できた。後にライバルとなるメイショウドトウの購入価格は500万円で、9億円以上の賞金を稼ぎ、両馬は共に購入価格の184倍ほどもの賞金を稼いだことになる。

武豊ブチギレ「あの乗り方するなら勝てよ!」

2008年宝塚記念は、四位洋文騎乗の4番人気のアサクサキングスが4角から度重なる蛇行でメイショウサムソン他を妨害。インティライミは直線に向き追い出した瞬間、アサクサキングスに激しくぶつけられ失速。鞍上の佐藤哲三が体勢を崩しながらも立て直し再加速するも、頭差3着。佐々木晶師「不利なければ勝っていた」

昔ってGⅠ勝ってれば毎日王冠とかでは59kgだったよな

「別定戦」とは、馬の性別と年齢で定められる基準重量に、獲得した賞金(競走ごとに収得賞金、番組賞金、総獲得賞金など用いられる値が異なる)の額、勝利度数、過去に勝利した競走の格などによって重量が加算され、負担重量が決定される競走。重量を定める条件により「賞金別定」「グレード別定」と記載することもある。

メイショウマンボ(8歳)の初子となる牝馬が誕生 父はメイショウボーラー

13年のエリザベス女王杯などG1・3勝を挙げ、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬に選出されたメイショウマンボ(8歳)の初子となる牝馬が、22日21時10分に北海道浦河郡の高昭牧場で誕生したことが23日、分かった。父はメイショウボーラーで。なお、今年はメイショウサムソンとの交配予定となっている。