ルメール一覧

蛯名正義、北村宏司の落馬事故に「こういう事故はアクシデントではない」

2日中山で落馬重傷を負った北村宏司騎手と同じレースに騎乗し、アクシデントを目の前で目撃した蛯名は「おそらく北村の意識の中で、ルメールだったので安心している部分もあったのではないか。こういう事故はアクシデントではない。最近は人為的、不注意に見える事故が増えている」と人為的なミスによる事故に警鐘を鳴らた。

吉田豊の番記者「北村宏司は騎手生命にかかわる大怪我。出血多量で縫合できない怪我」

土曜の落馬で救急搬送された北村宏騎手の状態が関係者から少しずつ入って来た。入院病棟がCCUで、循環器系の集中治療室。松岡騎手からは顔面の粉砕骨折は手術になり特に鼻骨の根元が酷くこめかみ周辺も酷い骨折とのこと。心配なのは太腿の怪我で、裂傷による出血で縫合出来ない状態とのこと。騎手生命に関わる事態のようだ。

北村宏司騎手が落馬事故 頭部外傷・意識障害・右側頭骨陥没骨折

2日中山1Rで、北村宏司騎手(38)騎乗のタマノカイザーが、内側に斜行したルメール騎手騎乗のノワールムーティエに触れて転倒し、競走を中止した。北村宏騎手は「頭部外傷、意識障害、右側頭骨陥没骨折の疑い」で船橋市内の病院に搬送された。また、この結果、ルメール騎手は、9日から17日まで9日間の騎乗停止処分。

ロジクライ、ルメールで高松宮参戦 須貝師は前走の横典を批判「位置取りが悪かった。勝てたレース」

先週の阪急杯で2番人気3着に敗れたロジクライ(牡6、須貝)が雪辱を誓い、GⅠ高松宮記念に参戦することが決まった。鞍上には昨年の富士Sでコンビを組んだルメールが再び起用される。須貝師は「本来もっと前で競馬してほしかった。走り切ってないし、普通なら勝っているレース」と悔しげに振り返る。

19年2月1週目時点のリーディング ルメール・武豊16勝 岩田15勝 川田・福永14勝

年明け開催で6勝を上げてリーディングに立つなど、絶好のスタートを切った武豊騎手だが、その後も順調に勝ち星を伸ばし、現在すでに16勝。ここ数年を大きく上回るペースでだ。長年、武豊騎手を支えたエージェントの平林雅芳氏が昨年一杯で卒業し、今年から豊沢信夫氏と契約するなど、心機一転のシーズンとなりそうだ。

ルメール「キッキングは誰が乗っても走る強い馬。菜七子はライバルになる、負けないよ!」

クリストフ・ルメール(39)が、フェブラリーSで、GⅠ初騎乗となる藤田菜七子(21)にエールを送った。「彼女にとって凄くいいチャンスですね。一緒に凄くいい競走ができると思っている」「ナナコはすっかりプロフェッショナルなジョッキーになりました」「負けるつもりはないけど、対戦が楽しみだよ」とルメール。

【AJCC】シャケトラが1年1ヶ月ぶりのレースで復活V フィエールマンは2着

1月20日の中山11Rで行われた第60回アメリカジョッキークラブカップ(4歳上OP、別定、GⅡ、芝2200m、11頭、1着6200万円)は、石橋脩騎手騎乗で7番人気のシャケトラ(牡6、角居勝彦)が好位追走から直線で抜け出すと、菊花賞馬フィエールマンの猛追を凌ぎ切って勝利。タイムは2分13秒7(良)。

武豊TV恒例の新年会、2019年のゲストは池添と藤岡佑

「武豊TV!II」(前身は05年4月開始の「武豊TV!」)は、09年4月よりフジTVワンツーネクストで毎月1回(各開催終了後)放映されている番組。ナビゲーターは、『武豊TV!』時代はタレントの見栄晴が務めていたが、『武豊TV!II』へのリニューアルに伴い、フジテレビアナウンサーの福原直英に交代した。

サートゥルナーリアがデムーロからルメールへ乗り替わりに

デビュー以来M.デムーロ騎手とのコンビでホープフルSを制したサートゥルナーリア(牡3、角居)が、春のクラシックでC.ルメール騎手(39)を鞍上に迎えることが10日、所有するキャロットクラブの公式サイトで発表された。関係者が協議して決定したという。現在はノーザンファームしがらきで調整されている。