ルメール一覧

JRA、ドバイから帰国のルメールらに14日間の自宅待機要請

JRAが、新型コロナの影響で中止となったドバイ国際競走のため現地入りしていたC.ルメール騎手ら関係者に対し、帰国日の翌日から14日間の自宅待機を要請することが23日、分かった。同騎手はこれで28、29日と4月4、5日は騎乗できないことになる。日本政府は今のところUAEからの入国者に対し制限は課していない。

ドバイ国際競走の中止が決定 開催1週間前の遅すぎる判断

ドバイ政府は22日、新型コロナの影響で、28日にメイダン競馬場で行われる予定だったドバイ国際諸競走を中止すると発表した。アーモンドアイなど7レースに日本馬計20頭が出走を予定しており、JRAが馬券を発売する予定だった。参戦予定の日本馬は既に全馬、現地入り。またルメール騎手も既にドバイ入りしている。

新コロ防疫で19日以降UAEへの入国が不可に ドバイ国際競走の日本馬関係者の処遇は?

UAEは3月17日、新型コロナウイルス防疫として、19日以降、新規の入国禁止を発表。3月28日にドバイのメイダン競馬場で行われる国際競走に出走予定の日本調教馬は現地19日早朝に到着予定。また、先乗りしている関係者を除き、今週のJRAでの競馬後、出発を予定している関係者は入国できない可能性が出てきた。

サトノフラッグ、皐月賞の鞍上はルメールに決定!

弥生賞を制したしたサトノフラッグ(牡3、国枝)はルメールとの新コンビで皐月賞へ向かうことが決まった。弥生賞では武豊が騎乗して快勝。皐月賞でも有力の1頭だけに、鞍上が誰になるか注目されていた。また、同2着だったワーケア(牡3、手塚)は、放牧に出された。皐月賞はパスして日本ダービーを目標にするとみられる。

モレイラがドバイ遠征取りやめ、日本馬5頭の鞍上が空白に 新型コロナの影響

17日、モレイラ騎手が、ドバイWCへの参加を取りやめを表明した。香港政府が、新型コロナ防疫として、海外からの全入境者に14日間の自主隔離を求める措置を始めたことを受けてのもの。同騎手はドバイでマスターフェンサー、セラン、グローリーヴェイズ、ライトオンキュー、ウインブライトと5頭の日本馬に騎乗予定だった。

【サウジC】初代王者はマキシマムセキュリティ ゴールドドリーム6着、クリソベリル7着

現地時間2月29日にサウジアラビアで行われた世界最高賞金レース(1着賞金約11億円)として新設されたサウジカップ(キングアブドゥルアジーズ、ダ1800、14頭立て)は、マキシマムセキュリティ(牡4、米・J.サーヴィス)が初代王者に輝いた。日本から参戦のゴールドドリームは6着、クリソベリルは7着だった。

【フェブラリーS】モズアスコットが圧勝! 史上5頭目の芝・ダート両GI制覇

2月23日東京11R第37回フェブラリーS(4歳上OP、ダ1600m、定量、16頭立て)は、ルメール騎手騎乗の1人気モズアスコット(牡6、矢作)が中団から直線で末脚を発揮し、快勝。タイム1分35秒2(良)。同馬は安田記念を制しており、芝とダート両GI制覇は史上5頭目。2着には最低16人気ケイティブレイブ。

【共同通信杯】ダーリントンホールが激烈な叩き合い制し重賞初V! マイラプソディは4着

2月16日東京11R第54回共同通信杯(3歳OP、GⅢ、芝1800m、9頭立て)は、ルメール騎手騎乗の3人気ダーリントンホール(牡、木村)が道中は3番手から、直線で逃げ粘るビターエンダーとの激しい叩き合いをハナ差で制し重賞初制覇。タイムは1分49秒6(稍重)。1人気の武豊騎手騎乗マイラプソディは4着。

川田将雅「今年はリーディング獲る」宣言 「反骨心で生きてきた」 と語る熱い男に刮目せよ

昨年、キャリアハイの152勝を挙げリーディング2位となった川田将雅騎手(34)が、今年こそはリーディング奪取を誓った。「3年連続でルメール騎手が取っていますが、日本人騎手として、取り返したい。もっと強くチャレンジしたいと思います」と力強い言葉。昨年の悔しさを糧に、使命と覚悟を持って邁進する。

【根岸S】モズアスコットが初ダートで圧巻V! 18年安田記念以来の勝利で重賞2勝目

2月2日東京11R第34回根岸ステークス(GⅢ、4歳上OP、別定、ダ1400m、16頭立て)は、ルメール騎手騎乗のモズアスコット(牡6、矢作)がスタート出遅れながらコパノキッキングをゴール前とらえて勝利。初のダート戦で、重賞2勝目。タイムは1分22秒7(良)。2着コパノキッキング、3着スマートアヴァロン。