ルヴァンスレーヴ一覧

最優秀3歳牡馬はルヴァンスレーヴでいいだろ

チャンピオンズカップを完勝し、3歳にして最優秀ダートホースの座が現実的なものとなったルヴァンスレーヴ。だが、今年はそれ以上に大きな意義を持つタイトルも見えてきた。最優秀3歳牡馬だ。これまで、クラシックを勝たずタイトルを獲得したのは、オグリキャップ、エルコンドルパサー、シンボリクリスエスの3頭のみ。

【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴが完勝! キャリア8戦の3歳馬が砂の頂点へ

12月2日の中京11Rで行われた第19回チャンピオンズカップ(3歳上OP、GⅠ、ダ1800m、定量、15頭、1着1億円)は、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気ルヴァンスレーヴ(牡3、萩原清)が人気に応えて快勝。前身のジャパンCダート時代の06年アロンダイト以来、12年ぶり4頭目の3歳馬制覇を果たした。

【南部杯】ルヴァンスレーヴが圧勝でGⅠ3勝目! 南部杯初の3歳馬V

8日「第31回マイルチャンピオンシップ南部杯」(JpnⅠ、3歳以上OP、ダ1600m、14頭)が盛岡競馬場で行われ、M・デムーロ騎手騎乗の2人気ルヴァンスレーヴ(牡3、萩原)が優勝。GⅠ通算3勝目。3歳馬による同レース制覇は史上初の快挙。2着に1人気のゴールドドリーム。勝ちタイム1分35秒3(良)。

ミルコ・デムーロ騎手が9日間の騎乗停止に 9月29日(土)から10月7日(日)まで

ミルコ・デムーロ騎手(39)は9月22日の阪神5Rでリアオリヴィアに騎乗した際、4角で外側に斜行。ウインプリンツおよびスーペルゴラッソの進路が狭くなった。この件で同騎手は9月29日から10月7日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止処分。同騎手は同7Rでも斜行があり、10万円の過怠金を科された。

3歳ダート王のルヴァンスレーヴ、次走は南部杯(JpnⅠ) 王者ゴールドドリームと激突へ

14日、3歳ダート王者のルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原厩舎)の次走が南部杯(交流GⅠ、10月8日、盛岡)と決定した。所属するG1レーシングによると、チャンピオンズCや来年のフェブラリーSを見据えた際に、次走は左回りのコースがベストであると判断。また、斤量55キロも好材料としている。

【ジャパンダートダービー】ルヴァンスレーヴが圧巻V 3歳でもダート王者に

11日、3歳春のダートチャンピオン決定戦、第20回ジャパンダートダービー(交流G1、大井競馬場、2000m、14頭)が行われ、1番人気M.デムーロ騎乗ルヴァンスレーヴが優勝。終始外を回りながらも、直線で大外に持ち出すと豪快に抜け出し快勝。昨年12月の全日本2歳優駿に続く交流G1・2勝目を挙げた。