ローズキングダム一覧

トゥザグローリー産駒、デビュー以来109連敗 ピルサド超えで歴代ワースト5にランクイン

トゥザグローリー(2007年2月16日生)は、競走馬・種牡馬。ノーザンファーム生産、池江泰郎厩舎のち池江泰寿厩舎管理。キャロットファームより1億2000万円(400口)で募集された。主な勝ち鞍に、11年京都記念、日経賞、12年日経新春杯。14年引退。15年よりイーストスタッドで種牡馬。

ブエナビスタのジャパンカップってセーフじゃない?

2010年のJC、1位入線の1番人気のブエナビスタ(当時4歳、松田博)は最後の直線で走行妨害を犯し、25分間に及ぶ長い審議の結果、2着降着となった。同馬の降着は前年の秋華賞に続き2度目で、確定前は勝利を疑わず派手なパフォーマンスを見せていたC.スミヨン騎手は意気消沈。松田師は、裁決委員を激しく批判。

ヴィクトワールピサって地味に凄いと思うんだけど

ヴィクトワールピサ(2007年3月31日生)は、日本の元競走馬、種牡馬。社台ファーム生産。現役時の管理は栗東・角居勝彦厩舎、馬主は市川義美・吉田照哉。おもな勝ち鞍は2011年のドバイWC、2010年の皐月賞、有馬記念。日本馬として初めてドバイWCに優勝した。2012年より種牡馬として供用開始。