ワンアンドオンリー一覧

ワグネリアンが天皇賞・秋を回避 前走の疲れが取れず、放牧へ

秋の始動戦・神戸新聞杯を勝った今年のダービー馬ワグネリアン(牡3歳、栗東・友道)が、予定していた天皇賞・秋(28日、東京・芝2000メートル)を回避することが16日、友道師から発表された。近日中に福島県のノーザンファーム天栄に放牧へ出される予定。今後については馬の様子を見ながら判断される。

いまだにワグネリアンを評価しない謎勢力ってなんなの?

ワンアンドオンリー (2011年2月23日生) は、競走馬・種牡馬。北海道新冠町、ノースヒルズ生産。所属は、橋口弘次郎(栗東)のち橋口慎介(栗東)厩舎。馬主は、前田幸治のちノースヒルズ。主な勝ち鞍は2014年の東京優駿。2017年11月のJC(16着)を最後に引退。アロースタッドで種牡馬入り。

なんでワグネリアンって弱いことになってるの?

ワグネリアン(2015年2月10日生)は、競走馬。2018年の東京優駿勝ち馬。ノーザンファーム生産。JRA栗東・友道康夫管理。馬主は、 金子真人ホールディングス(株)。父ディープインパクト、母ミスアンコール、母父キングカメハメハ、母母ブロードアピールは全て本馬と同じく金子真人の所有馬。

ラニの初年度種付け数118頭 ダービー馬ワンアンドオンリー20頭

ラニは初年度から118頭の牝馬を集め、種牡馬として上々のスタート。一方、2014年のダービー馬ワンアンドオンリーは今年は20頭にとどまった。「ダービー馬が20頭しか集められていないというのは、生産者の方は厳しい目を持っていらっしゃいます。種付けは上手なんですけど」と繋養先のアロースタッド松木場長。

2年も休んでたスマートオーディンがハンデ57.5kgってどういうことなの?

中京開催最終週21日(日)に中京記念(GⅢ、芝1600メートル)が行われる。2年ぶりの出走となったエプソムC12着後、スマートオーディン(栗東・池江、牡5歳)が調子を上げている。重賞3勝の実績はこのメンバーで上位。トップハンデタイ57.5キロではあるが、あっさり勝ってもおかしくない力量はある。

16年ダービー馬マカヒキが札幌記念で復帰 骨折完治

昨年末に左後肢第1趾節種子骨剥離骨折が判明した2016年のダービー馬マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が、札幌記念・G2(8月19日、札幌)で復帰することが分かった。管理する友道調教師が明らかにした。同馬はノーザンファーム天栄に放牧中だが、すでに乗り出しており、順調に回復している。