ワーケア一覧

ワーケアとオーソリティが皐月賞回避

弥生賞2着のワーケア(牡3、手塚)は出走予定だった皐月賞をパスして、春の目標をダービー一本に定める。手塚師は「ルメールが中山だと反応が良くないと言っていたし、それらを考慮して」と、理由を語った。既に放牧に出ている。また、同3着のオーソリティ(牡3歳、木村)も皐月賞を回避し、青葉賞に向かうことが決まった。

サトノフラッグ、皐月賞の鞍上はルメールに決定!

弥生賞を制したしたサトノフラッグ(牡3、国枝)はルメールとの新コンビで皐月賞へ向かうことが決まった。弥生賞では武豊が騎乗して快勝。皐月賞でも有力の1頭だけに、鞍上が誰になるか注目されていた。また、同2着だったワーケア(牡3、手塚)は、放牧に出された。皐月賞はパスして日本ダービーを目標にするとみられる。

【弥生賞】サトノフラッグが3連勝で重賞初V! 2着ワーケア、3着オーソリティ

3月8日中山11R第57回弥生賞(GⅡ、3歳OP、芝2000m、別定、11頭立て)は、武豊騎手騎乗2人気サトノフラッグ(国枝)が外追走から3角まくり、直線も脚色衰えず、先頭でゴール。未勝利戦から3連勝で重賞初V。勝ち時計2分02秒9(重)。2着ワーケア、3着オーソリティ。上位3頭が皐月賞優先出走権獲得。