吉田俊介一覧

豊島俊介と川上大志の事件がついに週刊新潮に掲載 実質レイプ未遂のような状況だった模様

事件は9/13。加害者は報知記者2名と東スポ記者1名。被害者は東スポ女性記者。加害者は「一発やらせろ」と喚きながら被害者の部屋のドアを開けようと大騒ぎ。女性記者は報知や自社に抗議するも相手にされず、精神的ショックで10月中旬から休職。当日隣の部屋に宿泊そていたタレント磯道はるかの事務所がJRAに抗議。

横山典弘と藤沢和雄がまさかの和解

9月2日に札幌競馬第10Rで行われるすずらん賞(2歳・OP・芝1200m)のクラヴィスオレア(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)は横山典弘騎手とコンビを組むことがわかった。同調教師と同騎手のコンビでの出走は2013年5月5日のNHKマイルCでのフラムドグロワール以来、5年4ヶ月ぶりとなる。

社台ファームとノーザンファーム、なぜこんなに差がついてしまったのか

社台ファームは、北海道千歳市にある競走馬の生産牧場。代表者は吉田照哉。1955年、吉田善哉が千葉県富里に設立した「千葉社台牧場」が前身。1994年、善哉死去に伴う相続により「社台ファーム」が分割され、当時の「社台ファーム千歳」であった牧場が現「社台ファーム」となった。

次に社台SSを追い出される種牡馬予想スレ

社台スタリオンステーションとは、北海道勇払郡安平町(旧:早来町)早来源武にある種牡馬を繋養するための牧場。繋養馬の質・量ともに日本を代表する規模である。運営会社の有限会社社台コーポレーションは、吉田照哉・勝己による共同代表制となっている。

【急募】一口馬主の馬の選び方についてアドバイスくれ

2018年度募集馬は、リーディングサイアー上位のディープインパクト、キングカメハメハはもちろん、ルーラーシップ、オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ディープブリランテ、ヴァーミリアン、ワールドエース、フェノーメノといった当クラブ出身の種牡馬の産駒を数多く揃えました。

ラッキーライラック凱旋門賞断念…松永幹夫&吉田俊介「行かないと思う」

オークス3着のラッキーライラックは凱旋門賞への挑戦も白紙となった。オークスの1~3着馬に前哨戦のヴェルメイユ賞・仏G1(9月16日・パリロンシャン)の優先出走権、登録料、輸送補助が付与されるが、「ないと思う」とトレーナー。(有)サンデーレーシング代表の吉田俊介氏も「行かないと思う」と話した。