吉田照哉一覧

一口クラブ別2歳勝ち上がり率で社台RHが悲惨なことになっている…

有限会社社台レースホースは、JRAに馬主登録をしているクラブ法人。1980年設立。愛馬会法人・有限会社社台サラブレッドクラブより匿名組合契約に基づく競走馬の現物出資を受け、JRAや南関東を中心にNARの競走に出走させている。代表者は吉田哲哉、勝負服は黄、黒縦縞、袖青一本輪。

吉田照哉氏「地方交流重賞では中央馬の斤量を2kg重くすべき!」

地方競馬でJRA所属の競走馬が出走できる競走は、収得賞金の額等による制限がない競走とある競走の2つに分けられる。前者はオープンクラスと呼ばれる重賞競走であり、日本グレード格付け管理委員会による格付けが付されたダートグレード競走である。後者には、「中央競馬交流」「条件交流競走」等の名称が付与されている。

デットーリ、8年半ぶり日本参戦! 11月9日より12月初旬までの短期免許取得

ランフランコ・デットーリ騎手(48)がJRA短期免許を取得予定であることが分かった。契約馬主は吉田照哉氏で、同氏は「正式決定ではないが、そういう話で進んでいる」と語った。引受調教師は栗東所属となる見込み。デットーリ騎手は、11年に2日間の短期免許を取得している。今回は約2ヶ月騎乗の予定で、長期の滞在は初。

武豊と吉田照哉は完全和解? 照哉氏「豊なら本当に60迄乗れると思う。豊だからね」

武豊と吉田照哉氏との決裂の嚆矢は10年の凱旋門賞。腰椎骨折の重傷から復帰したばかりの武はヴィクトワールピサで同レースに臨んだが、馬群に包まれたまま最終コーナーを回り、ほぼ見せ場なく7着に沈んだ。同馬は照哉氏の半持ちといわれ、大きな期待で凱旋門賞に挑んだだけに、武の不甲斐ない騎乗に怒り心頭だったとされる。

アイルハヴアナザーがアメリカに買い戻されるとの噂 やっぱり失敗種牡馬?

アイルハヴアナザー (2009年4月1日生) は、競走馬・種牡馬。米国Harvey Clarke生産。D. F. O'Neill厩舎。馬主はReddam Racing。12年の米クラシック2冠馬。三冠目のベルモントS直前に屈腱炎を発症し引退。ビッグレッドファームに購入・輸入され、13年より同所で供用。

種牡馬スクリーンヒーローについて

スクリーンヒーロー (2004年4月18日生) は、競走馬・種牡馬。社台ファーム生産。管理はJRA美浦・矢野進厩舎のち鹿戸雄一厩舎。馬主は吉田照哉。主な勝ち鞍は08年のJC。09年引退し、レックススッタッドで種牡馬入り。初年度産駒(登録54頭)からモーリスとゴールドアクターの2頭のGⅠ馬を輩出。

札幌記念4着のサウンズオブアースは京都大賞典からJCへ

サウンズオブアース (2013年6月20日生)は、競走馬。北海道千歳市社台ファーム生産。栗東・藤岡健一厩舎所属。馬主は吉田照哉。主な勝ち鞍は2014年のはなみずき賞(3歳500万)。未勝利戦と500万円下の2勝馬ながらGIを含む重賞での2着が7回あり、4億6000万以上の賞金を獲得している。

社台ファームとノーザンファーム、なぜこんなに差がついてしまったのか

社台ファームは、北海道千歳市にある競走馬の生産牧場。代表者は吉田照哉。1955年、吉田善哉が千葉県富里に設立した「千葉社台牧場」が前身。1994年、善哉死去に伴う相続により「社台ファーム」が分割され、当時の「社台ファーム千歳」であった牧場が現「社台ファーム」となった。

スクリーンヒーロー、種付料600万

スクリーンヒーロー (2004年4月18日生) は競走馬、種牡馬。社台ファーム生産。2008年のジャパンカップの勝ち馬。2009年に引退し、種牡馬となった。非常に安価な種付料でのスタートながら、初年度産駒からモーリス、ゴールドアクターの2頭のGⅠ馬を排出する結果を出した。