和田竜二一覧

今の時代にこそ際立つオペラオーの異常さ

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

シゲルピンクダイヤわりと強くてワロタ

上位人気3頭の間に割って入ったのが、7番人気のシゲルピンクダイヤだった。スタートでつまずき、道中は15番手から。少しモタモタする面は見せたが、直線ではメンバー最速の上がり3F32秒7の脚で追い込んだ。次走はオークスの予定で、渡辺調教師は「操作性がいいので、距離が延びるのはいいと思いますよ」と話した。

【桜花賞】グランアレグリア、圧巻レコードで桜の女王戴冠!

4月7日の阪神11Rで行われた第79回桜花賞(G1、3歳OP、牝馬、芝・外1600m、18頭、1着1億500万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気グランアレグリア(美浦・藤沢和雄)が好位4番手から3、4角中間で先頭に立つとそのまま後続を完封して戴冠した。タイム1分32秒7(良)は桜花賞レコード。

ミッキーロケットが電撃引退! 優駿SSで種牡馬入り

昨年の宝塚記念を制したミッキーロケット(牡6、音無)が引退することが24日、分かった。音無師は「京都記念に使う予定でしたが、足元の不安のため引退を決断しました。オーナーは年内まで使う予定でしたが、決断しました。残念です」とコメントした。繋養は優駿スタリオンステーションで、種牡馬になる。

ミッキーロケット、有馬は短期免許で初来日オイシン・マーフィーで 和田騎手「クビにされた」

有馬記念に出走予定のミッキーロケットの鞍上が、和田竜二騎手から、短期免許で初来日するオイシン・マーフィー騎手(23歳、アイルランド)へと乗り替わりとなることが、10日わかった。元騎手の藤田伸二氏は、和田騎手本人からの情報として、鞍上を「クビ」になったとtwitterで伝えている。

ミッキーロケット右トモ筋肉痛でジャパンカップ回避、有馬記念へ

天皇賞・秋5着ミッキーロケット(牡5、音無)は右トモ筋肉痛でジャパンCを回避することが16日、発表された。 次走は有馬記念へ。音無師は「今週の追い切り後に筋肉痛になった。最大目標は有馬記念だし、反動が心配なのでジャパンCは見送る。1週間ほどプール等で調整して、その後ピッチを上げてる」とコメント。

落馬の幸英明騎手、右肘開放粉砕骨折の重傷だった 騎手生命に関わる大怪我

幸 英明(1976年1月12日生)は、JRA栗東所属の騎手。鹿児島県鹿屋市出身。93年、競馬学校第10期生として入学。同期に吉田豊など。94年、谷八郎厩舎としてデビュー。03年にはスティルインラブとのコンビで牝馬三冠を達成した。09年、JRA史上初の年間1000回騎乗達成。

NO IMAGE

京都6Rで和田竜二、幸英明、川又賢治騎手が落馬 和田と幸は全鞍乗替

11日の京都6R(3歳上500万下、ダ1800m)で3頭が落馬・競走中止するアクシデントが発生。4角で先頭を走るメイショウワザシが内側に斜行し、和田竜二騎手騎乗のエトワールドパリが落馬。それにつまずくように後続のアサケハーツ(幸英明)、ロッタラブ(川又賢治)も落馬。裁定の結果、降着・失格はなかった。

【JBCクラシック】ケイティブレイブが快勝! ダート交流GⅠ3勝目

11月4日(日)京都競馬11Rで行われた第18回JBCクラシック(JpnⅠ、3歳上OP、定量、ダ1900m、16頭、1着9千万円)は、福永祐一騎乗の3番人気ケイティブレイブ(牡5、杉山晴紀)が快勝。地方交流重賞で8勝を挙げていたが、中央の競馬場で初めてのタイトル獲得。タイムは1分56秒7(良)。

【スプリンターズS】ファインニードルが差し切りⅤ 春秋スプリントGIを制覇

第52回スプリンターズステークス(3歳以上OP、芝・外1200m、定量、16頭、1着1億1千万円)は9月30日、中山11Rで台風24号の影響で雨が降る中で行われ、ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠)が差し切り勝ち。史上5頭目となる同一年のスプリントGI春秋制覇を達成。タイム1分8秒3(稍重)。