安藤勝己一覧

テイエムオペラオーがGⅠ8勝目挙げそうだった時ってどんな空気だったの?

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

アンカツ「サリオスは負けて強し。勝負付けはまだ済んでない」

皐月賞、サリオスは直線でコントレイルとの一騎打ち。壮絶な叩き合いの末、半馬身差2着。無敗のGⅠ馬対決に敗れ、初めて土がついた。鞍上のレーン騎手は「外へ出そうと思っていたが、早く出すとロスがあるので、内でタイミングを伺っていたら、結局馬場の悪い部分を走ることになってしまった」とコース取りを悔やんだ。

アンカツこと安藤勝己さんって本当に上手かったの?

安藤勝己(1960年3月28日生)は元騎手、現競馬評論家。愛知県一宮市出身。75年地方競馬教養センター入学。76年、笠松・吉田秋好厩舎所属としてデビュー。地方競馬で名声を得、03年にJRA移籍。13年引退。通算20852戦4464勝。JRAでは6593戦1111勝(うち重賞81勝、GI・JpnI22勝)。

武豊&アンカツ「凱旋門を勝てる馬は道悪巧者」

レジェンド武豊騎手(49)が27日放送の関西TVの競馬番組「うまンchu」でJRA・GⅠ通算22勝の元騎手・安藤勝己氏(58)とスペシャル対談。日本競馬界の悲願である凱旋門賞に挑戦してみたかった名馬を明かした。武は「近いところではキタサンブラック。道悪がうまいし、先行できるし」と真っ先に挙げた。

アンカツ「JC衰退の一番の原因はガラパゴス超高速馬場」

ビッグレースでは先鋭的な指南で我々を勝利に導いてくれる安藤勝己元ジョッキーは、「競馬のご意見番」としても革新的な立場を取る。世界レコードを叩き出せる日本競馬は、これからもずっと安泰? いやいや、過度な時計信奉、安全第一の騎乗スタイル…今、まさに進行中のガラパゴス化に警鐘を鳴らした。

モレイラ、今後JRA受験はしないとの一部報道を否定「来年6月9日以降は白紙」

来月から香港競馬への復帰が決まったジョアン・モレイラ騎手(35)が22日、来年のJRA騎手免許試験を受験しないという一部報道を否定した。「日本でどう伝わっているのか分からないが、今言えることは12月9日~来年6月9日まで結んだジョン・サイズ師との契約を全うすること、それだけです。それ以降は未定です」

オグリキャップのGⅠ勝利数

オグリキャップ(1985年3月27日-2010年7月3日)は、競走馬、種牡馬。87年5月に笠松競馬場でデビュー。12戦10勝の活躍で、88年にJRA移籍。GⅠ4勝を含む重賞12勝を挙げ、その人気の高さは第2次競馬ブームの要因の一つとなった。88年最優秀4歳牡馬、90年年度代表馬。91年顕彰馬に選出。

松博と武豊、藤沢とノリみたいな絶縁関係を教えてください

松田博資(1946年1月29日 生)は元調教師、元騎手。佐賀県出身。騎手時代は障害競走で通算150勝の中央競馬最多勝記録(当時)を樹立。調教師転向後は、アドマイヤムーン、ブエナビスタの2頭の年度代表馬、クラシック二冠牝馬ベガ、その産駒でGI競走7勝のアドマイヤドンなど、数々のGI馬を管理した。

福永祐一「コネだけで勝てる甘い世界じゃない。野次を飛ばす奴はこの世界をナメるな」

“ダービージョッキー”福永祐一誕生のほんの少し前のことだ。いまだに…と思わずにはいられない痛烈なヤジを浴びたという。「パドックで“親の七光!”って言われてね。一応、ボクは2000勝してるのに…。そもそも“七光って何十年、効果あんねん!”って…。自分でも笑けてきましたよ」