岡部幸雄一覧

テイエムオペラオーがGⅠ8勝目挙げそうだった時ってどんな空気だったの?

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

福永「キングヘイローの皐月賞レース直後に『最低の騎乗したな』と言われた」

98年クラシック戦線、良血馬キングヘイローはスペシャルウィーク、セイウンスカイと共に3強を形成していた。鞍上は当時デビュー3年目の福永祐一。しかし、同馬は3強の中で唯一クラシックタイトルに手が届かなかった。原因を鞍上に求める声は当時から大きく、福永自身もトラウマとなっていたことをのちに告白している。

問題を起こしたことがある、または犯罪者としての実績のある騎手

シンコウシングラー事件とは、99年緑風ステークスのレース後検量で、同レース2着シンコウシングラーの負担重量に違反があり失格となった事件。鞍上の柴田善臣騎手が、負担重量の重石を装着せずに出走したことが原因。JRAは同騎手と栗田博憲師に罰金を課したが、馬券に関しては不的中として扱われ、返還等はなかった。

武豊って若い頃あんだけ活躍して苛められたりしなかったの?

増沢 末夫(1937年10月20日生)は、JRAの元騎手・調教師。北海道亀田郡大野村(現・北斗市)出身。中学校卒業後騎手を志し、同級生の兄で騎手の竹部鈴雄より鈴木勝太郎調教師を紹介され、同厩舎に入門した。1955年より馬事公苑騎手養成課程受講。JRA移籍後のハイセイコーの主戦騎手として知られる。

藤沢和雄ってゼンノロブロイからレイデオロの間なにしてたの?

藤沢和雄(1951年9月22日生)は、JRA・美浦の調教師。北海道苫小牧市出身。生家は天皇賞馬テンメイ等を生産した藤沢牧場。大学卒業後、英・ゴードン厩舎で4年間調教助手を務めた。帰国後、美浦・菊池一雄厩舎の番頭を担った後、野平厩舎へ移り岡部幸雄の知己を得た。1987年調教師試験に合格し、翌年開業。

現役時代の岡部幸雄ってどんな騎手だったの?

岡部 幸雄(1948年10月31日生)は、元騎手。JRAで1967年から2005年にかけて活動した。群馬県強戸村(現太田市)出身。20世紀後半から21世紀初頭にかけてトップ騎手として活躍し、通算2943勝をあげた。JRAにおいて、特定の厩舎や馬主に拘束されないフリーランスの先駆けでもあった。

競馬新聞社で3年働いてたけど、質問ある?【その2】

競馬新聞発行社間で競馬新聞協会が結成されており、競馬場やWINSにおいて協会加盟紙の合同販売が行なわれているほか、協会加盟の新聞に所属する記者に対してJRA賞・顕彰馬選定の投票権が与えられている。協会に加盟していない専門紙(競馬エイト、馬三郎)に所属する記者には、投票権は与えられていない。

競馬新聞社で3年働いてたけど、質問ある?

競馬新聞は開催前日夕方から駅売店、コンビニエンスストア、競馬場等で販売される。発祥は、1924年に関西の競馬を予想の対象に発売された「中島高級競馬號」(通称:中島競馬號、現在は高知競馬場で発売されている)とされる。現在もほぼすべての競馬新聞で使われている予想印も、同紙が最初に採用したものである。

的場、柴田政人、郷原、南井、何故名手は調教師としては成功しなかったのか?

柴田政人(1948年8月19日生)は、JRA所属の調教師、元騎手。騎手時代は1970年代から90年代にかけて第一線で活躍し、数々の大レースを制した。1994年4月の落馬事故により、同年9月に引退表明。翌1995年2月に調教師試験に合格し、騎手引退。騎手成績は11728戦1767勝、重賞89勝。