日本軽種馬協会一覧

フォーティナイナー死去、35歳 日本では3頭のGⅠ馬を輩出

日本軽種馬協会は18日、同静内種馬場で繋養されていたフォーティナイナーが同日午後0時30分、老衰で死んだと発表した。35歳。2歳時に米国最優秀2歳牡馬に選出。3歳時もGⅠ2勝で通算19戦11勝。米国で種牡馬入りし、96年にリーディング獲得。同年に日本に輸入され、07年引退後は功労馬として余生を送っていた。

インティの父ケイムホームの種付料

ケイムホーム (Came Home、1999年3月29日生) は米生産・調教の競走馬。父Gone West、母父Clever Trick。重賞8(うちGⅠ3)勝。03年より種牡馬。07年日本に輸入され08年より日本軽種馬協会で供用。17年JBBA九州種馬場に移動し、18年より同地で供用。

軽種馬協会が種牡馬デクラレーションオブウォーを輸入 英国際SなどGⅠ2勝のウォーフロント直仔

日本軽種馬協会は、米国で供用中のデクラレーションオブウォー(9歳、父ウォーフロント)の導入を発表した。現役時は仏英愛米で13戦7勝。クイーンアンSや英インターナショナルSなど2つのG1を含む重賞3勝。14年からアイルランドで種牡馬入りし、初年度産駒から仏2000ギニー優勝のオルメドなどを輩出した。