木實谷雄太一覧

吉田勝己氏と吉田俊介氏、凱旋門賞惨敗について一切コメントなし

世界には多くのビッグレースが存在する。それなのに、今も昔も、日本人が最大のターゲットにしているのが凱旋門賞。祖父に社台ファーム創始者の故善哉氏、父にノーザンファーム代表の勝己氏を持つ、生産界の次世代を担う男・吉田俊介ノーザンファーム副代表は「日本人って何となくパリが好きだからじゃないですか」とおどけた。

吉田勝己氏、アーモンドアイ勝利後に天栄・木實谷氏の軽率さガチギレしていた模様

木實谷雄太(1980年8月5日生)は、ノーザンファーム天栄の場長。東京都出身。東京農工大卒。JRAの厩務員を目指し、学生時代は馬術部に所属。卒業後、03年からノーザンファーム空港で勤務。同年12月より山元トレーニングセンターへ異動。11年10月よりノーザンファーム天栄に移り、15年から場長を務める。

ノーザンファーム天栄場長・木實谷氏への嫉妬と正当な指摘が渦巻くスレ

木實谷雄太(1980年8月5日生)は、ノーザンファーム天栄の場長。東京都出身。東京農工大卒。JRAの厩務員を目指し、学生時代は馬術部に所属。卒業後、03年からノーザンファーム空港で勤務。同年12月より山元トレーニングセンターへ異動。11年10月よりノーザンファーム天栄に移り、15年から場長を務める。

ノーザンファーム、JRA・GⅠを年間12勝で最多勝記録更新!

25日、東京競馬場で行われたジャパンカップC.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイが、直線で逃げる4番人気キセキを捕らえ、最後は1.3/4馬身差をつけ優勝。この勝利でアーモンドアイの生産者のノーザンファームは今年のJRA・GⅠを12勝目。昨年同牧場が記録した年間11勝を更新した。

NF天栄の木實谷氏「トライアルは無意味だし、天栄から帰厩した馬に休み明けという表現は適さない」

木實谷雄太(1980年8月5日生)は、ノーザンファーム天栄の場長。東京都出身。東京農工大卒。JRAの厩務員を目指し、学生時代は馬術部に所属。卒業後、03年からノーザンファーム空港で勤務。同年12月より山元トレーニングセンターへ異動。11年10月よりノーザンファーム天栄に移り、15年から場長を務める。