東京競馬場一覧

レシステンシアが骨折、全治3ヶ月

昨年の最優秀2歳牝馬で、今年の桜花賞、NHKマイルCでともに2着のレシステンシア(牝3、松下)の骨折が20日、判明した。所属するキャロットクラブがHPで発表した。NHKマイルC後、放牧先のノーザンファームしがらきで左前球節に異常を確認し、X線検査を行った際、骨片が発見された。症状は軽く、全治3ヶ月との診断。

矢作芳人師が府中の馬場に苦言

NHKマイルカップはラウダシオンが優勝。3番人気ながら13着に沈んだサトノインプレッサ騎乗の武豊騎手は「ゲートは出た方だけど、結果的に外枠がつらかった。前残りの競馬になったしね」と肩を落とした。管理の矢作師も「枠と馬場だね。練習の成果でゲートは出たけど。フェアな馬場じゃなかった」と残念そうに話した。

サートゥルナーリア、今秋はブリーダーズC遠征も 馬場適性から凱旋門賞遠征には否定的

最優秀3歳牡馬に選出されたサートゥルナーリア(角居)はルメール騎乗で金鯱賞(3月15日、中京)から始動。その後について、キャロットファームの秋田代表は「海外ならまず近場」と香港遠征を見据える。秋は「凱旋門賞含め欧州の芝はこの馬に合わない。米国かな」と、米GⅠBCターフを視野に入れていることを示唆した。

相変わらず内枠祭の競艇状態 府中2400mが欠陥ゴミコース過ぎる

日本ダービーやジャパンカップをはじめとするビッグレースが行われる東京競馬場は、日本競馬の顔と呼ぶにふさわしいスケールの大きな競馬場だ。コースは左回りで、芝の1周距離は2083.1メートル(芝コースの距離についてはAコースの数値を用いる)、直線の長さは525.9メートル。幅員も最大41メートルと非常に広い。

東スポ杯圧勝のコントレイル 矢作「福永は1800がギリギリって言ってたが、2000もいける」

東京11R東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ、芝1800m)はR.ムーア騎手騎乗の1番人気コントレイル(矢作)が圧勝。勝ち時計1分44秒5(良)。5馬身差2着にアルジャンナ、さらに4馬身差3着にラインベック。コントレイルは、父ディープインパクト、母ロードクロサイト(母父Unbridled's Song)。

競馬街コンの値段高杉ワロタwwwww

競馬の生観戦は一度は経験しておきたいもの。56回目を数える馬コンは、のべ1,300名の方にご参加頂いております。カップル成立率も平均35%と馬券が的中するよりも、高確率。競馬セミナーもご用意しておりますので、競馬が初めての方も安心です。ぜひ、ご友人をお誘いの上、ご参加ください!

競馬場で一番ボッタクリだと思う飯

「ケンタ丼」はケンタッキーフライドチキンの一部店舗で提供されているメニュー。てんぷら風に調理されたさつまいも、ししとう、さつまいも、カーネルクリスピー2本がご飯に乗った、いわゆるどんぶりものである。

土曜の東京開催は雪でアウトっぽい

観測史上最大級の寒気が日本に襲来中。9日は、広い範囲で雨や雪となる見込み。関東は昼前から夕方まで雪や雨。東京23区内を含め、南部の平地も積雪となるおそれがあり、交通機関が乱れるほどの大雪になる所も。東京の最高気温は2度前後の予報で、凍結にも注意。

JC枠順 アーモンドアイは2年連続Vの絶好枠1番枠も国枝師は渋い顔

ジャパンCに出走する14頭の枠順が22日、決まった。三冠牝馬アーモンドアイは1番枠。2年連続勝ち馬が出ている絶好枠だが、国枝調教師は渋い表情。「あまり好ましくない」と、デビュー以来初めての最内枠に戸惑いながらも「うまく立ち回ってくれれば。二度あることは三度ある」と、3年連続の1番枠Vに期待を寄せた。