武豊一覧

武豊が引退したら誰が競馬界の広告塔になるの?

なぜ武豊の次のスター騎手が誕生しないのか。数々の大記録を打ち立てた実績はもちろんだが、どの騎手も真似できないのが発信力だ。広告塔を自認し、時間の許す限り取材は受け入れる。取材では見出しになりそうな気の利いた一言を残してくれる。接したマスコミもファンにならないはずがない。この発信力こそが武豊の真骨頂だ。

テイエムオペラオーがGⅠ8勝目挙げそうだった時ってどんな空気だったの?

テイエムオペラオー(1996年3月13日‐2018年5月17日)は、競走馬・種牡馬。北海道浦河町杵臼牧場生産。97年日高軽種馬農協のセリ市で馬主の竹園正繼に1000万円で落札された。栗東・岩元市三厩舎所属。全レースに和田竜二が騎乗。00年年度代表馬。GI7勝はJRA最多タイ。04年JRA顕彰馬選出。

サトノインプレッサ、坂井瑠星騎手とのコンビでダービー参戦へ

NHKマイルCで13着と惨敗したサトノインプレッサを管理する矢作師は、スポーツ紙で連載する自身のコラムにおいて、同馬のダービー参戦を表明した。「毎日杯の後は大きくレースのダメージが残ったが、今回はそれほどでなくひと安心。それを受けて、ダービーに向かうことが決まった。鞍上は厩舎所属の坂井瑠星を配する」

ギルデッドミラー福永、NHKマイルCを振り返り「ここまでペースが遅くなるとは」

好位を進んだ6番人気ギルデッドミラーが3着。2着馬とともに牝馬が躍動した。福永騎手が「ここまでペースが遅くなるとは…。よく差し込んでいます。まだまだ良くなると思うし、来年のヴィクトリアマイルが楽しみ」といえば、松永幹調教師も「去年では考えられなかったくらい競馬が上手になりました」と成長ぶりをたたえた。

【NHKマイルC】ラウダシオンが3歳マイル王に輝く 鞍上デムーロは連覇

5月10日東京11R第25回NHKマイルカップ(GⅠ、3歳OP、芝1600m、定量、18頭立て)は、M.デムーロ騎手騎乗の9人気ラウダシオン(牡、斉藤)が重賞初Vとなる勝利で、3歳マイル王に輝いた。勝ち時計1分32秒5(良)。1馬身半差2着レシステンシア、さらに3/4差遅れ3着ギルデッドミラー。

地味な2冠馬 エアシャカールについて

エアシャカール (1997年2月26日生) は、競走馬、種牡馬。社台ファーム生産、森秀行厩舎管理、馬主はラッキーフィールド。主な勝鞍に、2000年の皐月賞、菊花賞。同年の東京優駿は鼻差2着。02年の有馬記念を最後に引退。種牡馬として種付開始後すぐの翌年3月に事故で殺処分。残された産駒は4頭のみだった。

【天皇賞・春】フィエールマンが史上5頭目の連覇! 鞍上ルメールは史上初の天皇賞4連勝

5月3日京都11R第161回天皇賞・春(4歳上OP、定量、芝3200m、14頭立て)は、ルメール騎手騎乗の1人気フィエールマン(牡5、手塚)が制し、史上5頭目の春の天皇賞連覇を達成。勝ち時計3分16秒5(良)。ルメールは史上初の天皇賞5連賞。鼻差2着スティッフェリオ、さらに2馬身半差3着ミッキースワロー。

ミヤマザクラ、武豊との新コンビでオークスへ

オークス(5月24日、東京、芝2400m)に出走予定の桜花賞5着ミヤマザクラ(牝3、藤原)は武豊騎手、僚馬で忘れな草賞3着のリリーピュアハート(牝3)は福永騎手とのコンビが決まった。同じく僚馬でNHKマイルC(5月10日、東京、芝1600m)登録のストーンリッジ(牡3)は、松田騎手との新コンビで臨む。