池添謙一一覧

平安ステークスの想定騎手、移動制限の影響でカオスすぎる

5月23京都メインの平安S(GⅢ、4歳上・ダ1900m)は豪華メンバーが揃った。現役ダート馬では実績最上位のゴールドドリーム、JRA移籍前から破竹の6連勝中のロードガレリス、GⅠ3勝の実績馬オメガパフューム、マーチS覇者のスワーヴアラミスなど。東西の騎手移動制限のため、乗り替わりが多いのも見どころ。

池添さん、武豊の離婚・再婚疑惑に火の玉ストレート

『武豊TV! Ⅱ』は、2009年4月よりCS放送のフジテレビoneで毎月1回(各開催終了後)放映されている番組。武豊騎手が自らの騎乗を振り返えるコーナーを中心に、同騎手の素顔、またゲストとの交遊録などで構成される。毎年1月恒例の特別企画として、騎手をゲストに迎えて行われるジョッキー新年会がある。

関西騎手会の新年会が若手に対するパワハラじゃないかと話題に

日本騎手クラブは、JRAに所属する騎手によって組織されている任意団体。一般に「騎手会」と称される。関東(美浦)と関西(栗東)にそれぞれ支部がある。会長1名、副会長2名、東西支部長各1名は、理事による互選で選出。同団体により騎手の共済制度が設けられており、騎手にとっての労働組合としての役割も担っている。

【朝日杯FS】サリオスがデビュー3連勝で戴冠! 馬体重538kgは最高体重記録

12月15日阪神11R第71回朝日杯FS(2歳OP、GI、芝1600m、16頭立て)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気サリオス(牡、堀)が勝利。デビューから3連勝で2歳最強マイラーの座に輝いた。タイムは1分33秒0(良)。2番人気の武豊騎手騎乗タイセイビジョンが2着、14番人気グランレイが3着に入った。

アーモンドアイ、ルメール騎手で有馬記念参戦決定!

有馬記念出走に踏み切るか注目されていたアーモンドアイ(牝4、国枝)は10日、引き続きルメール騎手とのコンビで参戦が決定した。所有するシルクレーシングがHPで発表。また、同騎手で有馬記念を予定していたフィエールマン(牡4、手塚)は、池添謙一騎手との新コンビで臨むことがサンデーレーシングのHPで発表された。

春秋マイル王インディチャンプ 香港でレーンと新コンビwww

マイルCS制覇で春秋マイル王となったインディチャンプ(牡4、音無)が、次戦予定の香港マイル(香港・沙田、芝1600n)でD.レーン騎手(25)とコンビを組むことを19日、シルクレーシングがHPで発表。3歳夏から前走毎日王冠まで福永が騎乗してきたが、騎乗停止となったマイルCSは急遽池添とコンビを組んでいた。

【マイルCS】インディチャンプが完勝! 史上7頭目の春秋マイルGⅠ制覇

11月17日京都11R第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ、3歳上OP、芝1600m、定量、17頭立て)は、池添謙一騎手騎乗で3番人気のインディチャンプ(牡4、音無)が勝利し、GⅠ2勝目を飾った。タイムは1分33秒0(良)。2着はダノンプレミアム(1人気)、3着にペルシアンナイト(6人気)が入った。

【札幌記念】ブラストワンピースが復活の快勝! 川田初コンビで神騎乗

8月18日札幌11R第55回札幌記念(3歳上OP、GⅡ、芝2000m、定量、14頭)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気ブラストワンピース(牡4、大竹)が後方待機から徐々に位置取りを上げ、4角から早めに抜け出した昨年の覇者サングレーザーを外からクビ差捕らえて快勝した。タイムは2分00秒1(良)。

ヤジは競馬の華? 面白かったヤジは…

JRAの騎手が普段の食事を紹介する読売テレビのローカル番組『キシュメシ!』の収録後、和田竜二騎手は「競馬場はキレイだし、馬もキレイ。また迫力がある。今からが良い季節になるので、お弁当でも持って一度競馬場にお越しください」と競馬の魅力をアピールし、「それから、女性の声で野次られたい(笑)」と願望を語った。

【弥生賞】メイショウテンゲンが重賞初V! 母譲りの重馬場巧者ぶりで大波乱演出

3月3日中山11R第56回弥生賞(GⅡ、3歳OP、芝2000m、別定、10頭立て、1着5400万円)は、池添謙一騎手騎乗の8番人気メイショウテンゲン(牡3、栗東・池添兼雄)が中団待機から4コーナーで先団に取り付くと坂を上がってから力強く伸びて重賞初制覇を飾った。勝ち時計2分03秒3(重)。