河崎五市一覧

社台ファームの新外厩「チャンピオンヒルズ」がヤバすぎると話題に

チャンピオンヒルズは、社台ファームやチャンピオンズファーム等が共同企業連合体として建設を進めているいわゆる外厩施設。山林72haを造成し、最大500頭収容の厩舎や1000mの周回コースなどを設ける。隣接地に乗馬クラブのほか、農産品販売施設、レストランなどを併設、認可こども園や福祉施設の誘致も目指す。

吉原寛人って本当に上手いの?

吉原 寛人(1983年10月26日生)は、金沢競馬場・加藤和義厩舎所属の騎手。地方競馬教養センター第73期生。01年3月地方競馬騎手免許を取得し、松野勝己厩舎からデビュー。同年NAR最優秀新人賞。17年11月26日の京都競馬場で行われた第62回京阪杯にてネロに騎乗し、JRA重賞初勝利を挙げた。

金沢競馬による金沢競馬への調査の結果、金沢競馬には八百長が無かった事が判明!

金沢競馬(金沢市八田町西)で開催されたレースで八百長の疑いを指摘する週刊誌報道があり、県競馬事業局は5月22日、所属する騎手や調教師に不正の有無についての聞き取り調査を始めた。「全てのレースは監視しており、問題はないとみているが、公正を保つため」としている。

金沢競馬の八百長、ついに読売新聞が取り上げる局面に

金沢競馬は22日、公正なレースの確保を目指し、騎手や調教師に対し、不正の有無に関する聞き取り調査を始めた。オッズが不自然なレースがあり、一部で「八百長ではないか」との指摘が上がったことを受けた措置。石川県競馬事業局は「八百長はないとの認識だが、公正なレースのため調査を行う」としている。

週刊現代に金沢競馬「八百長」疑惑に関する記事 元騎手が告発!

2017年度の金沢競馬でインターネットによる県営分の馬券の売り上げが104億9383万円と過去最高となった。売り上げにあたる17年度の「売得額」は、前年度比15.6%増の150億6737万円。ネットを利用した「在宅投票」に限れば同30.9%増で、過去最高額を記録した。