田原成貴一覧

福永「キングヘイローの皐月賞レース直後に『最低の騎乗したな』と言われた」

98年クラシック戦線、良血馬キングヘイローはスペシャルウィーク、セイウンスカイと共に3強を形成していた。鞍上は当時デビュー3年目の福永祐一。しかし、同馬は3強の中で唯一クラシックタイトルに手が届かなかった。原因を鞍上に求める声は当時から大きく、福永自身もトラウマとなっていたことをのちに告白している。

武豊って若い頃あんだけ活躍して苛められたりしなかったの?

増沢 末夫(1937年10月20日生)は、JRAの元騎手・調教師。北海道亀田郡大野村(現・北斗市)出身。中学校卒業後騎手を志し、同級生の兄で騎手の竹部鈴雄より鈴木勝太郎調教師を紹介され、同厩舎に入門した。1955年より馬事公苑騎手養成課程受講。JRA移籍後のハイセイコーの主戦騎手として知られる。

蛯名正義、四位洋文が調教師試験を受験

た四位洋文騎手(45)が、19日に行われる調教師免許の第1次試験への受験を発表した。なお合格発表は10月11日で、第2次試験は11月27~29日。新規調教師の合格発表は12月6日に行われる。また今年は146人が申請していて東京スポーツが既報した蛯名正義騎手も受験する。

現役時代の岡部幸雄ってどんな騎手だったの?

岡部 幸雄(1948年10月31日生)は、元騎手。JRAで1967年から2005年にかけて活動した。群馬県強戸村(現太田市)出身。20世紀後半から21世紀初頭にかけてトップ騎手として活躍し、通算2943勝をあげた。JRAにおいて、特定の厩舎や馬主に拘束されないフリーランスの先駆けでもあった。

マヤノトップガンってG1を4勝した馬のわりに最強馬論争に上がらないよな

マヤノトップガンは日本の元競走馬、種牡馬。1995年に年度代表馬。主な勝ち鞍は菊花賞、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春。引退後、7億2000万円のシンジケートが組成され種牡馬となり、優駿スタリオンステーションに繋養された。2015年3月11日付で種牡馬登録を抹消。

1番泣いた勝利ジョッキーインタビューは?

柴田 大知(1977年6月18日生)はJRA・美浦所属の騎手。初年度27勝、2年目29勝と順調なデビューであったが、3年目の1998年、結婚問題で所属厩舎から破門されたことを機に成績が低迷し、長く不振が続いた。2011年、マイネルネオスで中山GJを勝ち、GⅠ初制覇。インタビューでは男泣きを見せた。

四位洋文さん45歳、泣き真似をして悔しがる

四位 洋文(1972年11月30日生)は、JRA・栗東所属の騎手。叔父に、元騎手の四位満教がいる。競馬学校7期生。同期には藤田伸二・安田康彦・橋本広喜らがいる。競馬学校では教官から馬乗りを評価され、成績も優秀であった。1991年に古川平厩舎からデビュー。

「うちは子供0人だから」 武豊が初めて子供について語る

1995年6月5日、京都市北白川の聖ヴィアトール教会で武豊(当時26)と佐野量子(同26)の結婚式が開かれた。かかった費用は15万円。競馬界のプリンスと芸能人のカップルとは思えないほどシンプルな式だった。式場の選定、仲人(伊集院静・篠ひろ子夫妻)への依頼など、ほとんどを自分たちでやった手作り感満載の式であった。