社台ファーム一覧

セレクトセール2019 新進オーナーが爆買い! おなじみ近藤利一氏は3億6000万馬を落札!

令和初セレクトセールで、新進オーナーが羽振りを見せた。「ABCマート」創業者・三木正浩氏は1億2500万円で落札した「シャンドランジュ18」を筆頭に、計3頭で総額2億2100万円の買い物。また、ラウンドワン代表取締役社長の杉野公彦氏は、「シンハディーバ18」の2億7000万円をはじめ、億超を3頭落札。

セレクトセール2019 1歳セクションは1億超え21頭、売上107億円超で記録更新!

2日間にわたって開催される「セレクトセール2019」が8日、苫小牧のノーザンホースパークで開幕。1歳馬セッションとなるこの日は239頭が上場され、222頭が落札。売上は107億3200万円で、過去最高を記録した昨年を大きく上回り5年連続で史上最高額を更新。落札率は92.9%、1頭平均は4834万円。

吉田哲哉氏「坂路に屋根をかけても、馬の脚が速くなるわけではありません(笑)」

社台ファーム副代表で、社台レースホース代表でもある吉田哲哉さんからお話をうかがう機会を頂きました。最近リニューアルした社台ファームの坂路コースを題材に、坂路が馬におよぼす育成効果についてお話をうかがいます。経営的視点から、ふだんのインタビューとは少し趣が異なるお話が聞けそうです。

キーファーズ「僕は馬を買うだけ、厩舎は武豊に決めさせてる」

松島 正昭(1958年2月23日生)は、日本の実業家、馬主。株式会社マツシマホールディングス、株式会社キーファーズの代表取締役社長などを務める。同志社大学を卒業後、1985年、株式会社京都マツダに入社。 1989年、メルセデス・ベンツの販売権を取得し輸入車販売への転換を進め、事業拡大の礎を築いた。

ダイワスカーレット、9頭連続牝馬となる第9仔を出産

ダイワスカーレット (2004年5月13日生) は競走馬、繁殖牝馬。父アグネスタキオン、母父ノーザンテースト。社台ファーム生産。現役時は栗東・松田国英厩舎所属。馬主は大城敬三。主な勝ち鞍に、07年桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、08年有馬記念。12戦8勝・2着4回と生涯連対(JRAの牝馬最多記録)。

武豊と吉田照哉は完全和解? 照哉氏「豊なら本当に60迄乗れると思う。豊だからね」

武豊と吉田照哉氏との決裂の嚆矢は10年の凱旋門賞。腰椎骨折の重傷から復帰したばかりの武はヴィクトワールピサで同レースに臨んだが、馬群に包まれたまま最終コーナーを回り、ほぼ見せ場なく7着に沈んだ。同馬は照哉氏の半持ちといわれ、大きな期待で凱旋門賞に挑んだだけに、武の不甲斐ない騎乗に怒り心頭だったとされる。

社台ファームの新外厩「チャンピオンヒルズ」がヤバすぎると話題に

チャンピオンヒルズは、社台ファームやチャンピオンズファーム等が共同企業連合体として建設を進めているいわゆる外厩施設。山林72haを造成し、最大500頭収容の厩舎や1000mの周回コースなどを設ける。隣接地に乗馬クラブのほか、農産品販売施設、レストランなどを併設、認可こども園や福祉施設の誘致も目指す。

NO IMAGE

【続報】馬産地直撃の地震 ノーザンファームはじめいくつかの牧場では大きな被害なしとの情報

6日午前3:08頃に発生した胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震について、サンデーサラブレッドクラブHP上で、社台ファーム・ノーザンファーム等社台グループ各牧場では、午前7:30現在停電してるものの、人馬ともに大きな被害はないとの第一報。ノーザンファームのある安平町では震度6強を観測している。