笠松競馬一覧

八百長疑惑の笠松競馬 佐藤友則騎手ら4人が突然引退www

笠松競馬のトップ騎手・佐藤友則騎手(38、井上)をはじめ山下雅之騎手(36、川嶋)、島崎和也騎手(34、柴田)の3騎手と尾島徹調教師(36)の4人が1日、NARの騎手・調教師免許が更新されなかったため、引退したことが分かった。4人は、6月20日に競馬法違反の疑いで岐阜県警より家宅捜索等の捜索を受けていた。

笠松競馬の八百長を警察が捜査してる件の続報 関係者からの通報がきっかけっぽい

岐阜県の笠松競馬の調教師と騎手が法律で禁じられている馬券を購入したとして、警察が捜査している事件について、競馬場関係者から警察に情報提供があったことで疑いが浮上していたことがわかった。調教師らは違法性を十分に認識していながら、複数回にわたりネットで馬券を購入していたとみられてる。

笠松競馬に八百長絡みの捜査が入ったとの噂、ガチだった 一般紙やテレビも続々報道

笠松競馬関係者が競馬法第29条違反(馬券購入)の疑いで岐阜県警の捜査を受けたていたことが23日、わかった。対象となっているのは調教師と騎手3人の計4人。今月20日に自宅や厩舎の家宅捜索も行われた。岐阜県地方競馬組合は「捜査に全面的に協力するとともに、必要に応じて厳正な処分をしてまいります」とコメントした。

笠松競馬、八百長で調教師と騎手の計4人が警察の捜査を受けているっぽい

笠松競馬の尾島徹調教師と騎手3名の関係者4人が、競馬法違反の疑いで岐阜県警より任意の事情聴取を受け、自宅などを家宅捜索されているとの情報がSNSを中心に流れている。笠松競馬を主催する岐阜県地方競馬組合からは22日現在、公式な発表はないが、すでに内部での処分も進んでいるとの噂。

関本玲花騎手(19)が超絶美少女すぎると話題に 笠松で期間限定騎乗中

関本玲花(2000年5月16日生)は、NARの騎手。岩手県奥州市出身。17年10月、地方競馬教養センター98期として入所。19年10月、実父である関本浩司厩舎(水沢競馬)所属としてデビュー。岩手県競馬組合では史上8人目(繋駕速歩競走を含めれば9人目)の女性騎手。勝負服は、胴青・袖緑/胴黄襷・袖黄一本輪。

笠松競馬のtwitterが地味に炎上中

笠松競馬場は、岐阜県笠松町(一部施設は岐南町)にある競馬場。1935年、恵那郡中津町(現・中津川市)に存在した中津競馬場が前身。主催者は岐阜県地方競馬組合(岐阜県、笠松町、岐南町で構成される一部事務組合)。地方から中央へ最初の移籍騎手となった安藤勝己が在籍していた。オグリキャップを輩出したことでも知られる。

山田君、今度は初挑戦の重賞で放馬 「申し訳ないという気持ちしかない」

笠松競馬場で24日に行われた3歳地方重賞「ゴールドジュニア」で、重賞初挑戦の予定だった山田敬士騎手(21)は、騎乗したエリアント(牝3、笹野博)が返し馬の途中から突然加速。制御不能となり、山田が1角で落馬。放馬したエリアントはコースを3周して競走除外となり、山田の重賞デビューはお預けとなった。

オグリキャップのGⅠ勝利数

オグリキャップ(1985年3月27日-2010年7月3日)は、競走馬、種牡馬。87年5月に笠松競馬場でデビュー。12戦10勝の活躍で、88年にJRA移籍。GⅠ4勝を含む重賞12勝を挙げ、その人気の高さは第2次競馬ブームの要因の一つとなった。88年最優秀4歳牡馬、90年年度代表馬。91年顕彰馬に選出。

柴山雄一の落ちぶれ具合がすごい

柴山 雄一(1978年2月19日生)は、JRA・美浦所属の騎手。1993年より競馬学校を受験するも3年連続で不合格となり、地方競馬教養センターに入校。1998年、笠松競馬でデビュー。2004年、JRAの騎手免許試験を受験し、合格。2005年3月、美浦・畠山吉宏厩舎所属としてJRAへ移籍。現フリー。