藤田菜七子一覧

【WASJ】川田将雅が初の総合優勝 美しすぎる騎手ミシェルが3位、菜七子は最下位

WASJの第3、4戦が25日、札幌競馬場で行われ、川田将雅騎手が70Pで、初の総合優勝。2位は58PのC.ルメール騎手で、3位は53Pのカリス・ティータン騎手(香港)と初来日のミカエル・ミシェル騎手(フランス)が分け合った。チーム対抗はJRA選抜が246Pで、202Pの世界選抜に大差をつけて5連覇。

【WASJ】戸崎が初日首位 菜七子は2戦とも11着でV争いから脱落

「ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」の第1、2戦が24日、札幌競馬場で行われ、戸崎圭太が、32Pを獲得して首位に立った。2位はルメール、ティータンが31Pでタイ、女性騎手最上位は22Pのミシェルで5位。初出場の藤田菜七子は1、2戦とも11着。的場文男(62)は1、2戦ともにブービー13着。

【英・シャーガーC】菜七子が歴史的4着! 大会史上最年少22歳でポイント獲得

世界の一流12騎手が4組に分かれて、その腕を競うシャーガーCは8月10日、英・アスコット競馬場で行われた。6レース(すべて10頭立て、12騎手が5レースずつに騎乗)の着順によるポイントで、チーム、個人の優勝を競った。日本の女性騎手として初めて参加した藤田菜七子騎手(22)は8ポイントで10位タイだった。

藤田菜七子騎手、女性騎手世界一に! スウェーデンで開催の女性騎手ワールドカップで総合優勝

藤田菜七子(21)が30日、スウェーデンのブローパーク競馬場で開催された国際騎手招待競走「ウィメンジョッキーズワールドカップ」に出場し、優勝を果たした。同カップは世界各国から招待された10人の女性騎手が計5鞍に騎乗し、ポイントを競う。菜七子は第2戦で海外初勝利を挙げると、最終第5戦でも勝利し、優勝を決めた。

藤田菜七子さんがついにアメリカデビューするぞ! コパノキッキングと米GⅠ・BCスプリントへ

ダート短距離で活躍するコパノキッキング(騸4、村山)が、ブリーダーズカップ・スプリント(GⅠ、11月2日、米・サンタアニタパーク競馬場・ダ1200m)の早期登録締め切りの7月15日までに正式に手続きすることが27日わかった。小林オーナーが「菜七子とアメリカに」と夢を描いていたプランが、いよいよ現実となる。

藤田菜七子騎手が「徹子の部屋」に出演 まさに競馬界の新しい顔!

2016年にJRAで16年ぶりに誕生した女性騎手・藤田菜七子騎手が、6月18日(火)放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。過酷なトレーニング秘話や挫折しそうになった過去を明かす。徹子が「ずっとお会いしたかった方」と紹介すると、緑のワンピースに身を包んで菜七子が登場。大先輩とのひと時に終始、笑顔だった。

名古屋競馬の女性騎手・木之前葵が落馬事故

6月14日 第10競走において落馬をした木之前葵騎手の状況について、救急車で名古屋市内の病院へ搬送されましたが、検査の結果、骨折等異常は無く、受け答えもしっかりとできている状態です。ファンの皆様にはご心配をお掛けしました。木之前騎手、また元気な姿を見せてくださいね。

藤田菜七子さんの最新ユニフォーム画像来たよ

JRAの藤田菜七子騎手(21)がロッテ-ソフトバンク4回戦(ZOZOマリン)で始球式を行った。17年から3年連続の登板。今年も左胸に「775」と入った特製ユニホームで臨んだ。過去2年はボールがバウンドしてミットに到達したが、今年は山なりの軌道を描いたノーバウンド投球を披露した。

【東京スプリント】菜七子騎乗のコパノキッキングは出遅れが響き2着

10日、大井競馬場で行われた東京スプリント(JpnⅢ、ダ1200m)は直線入口で先頭に並びかけたキタサンミカヅキ(牡9、船橋・佐藤賢)がそのまま押し切った。勝ち時計1分11秒6(不良)。藤田菜七子騎乗のコパノキッキング(騸4、村山)は1馬身差2着。女性騎手初の交流重賞制覇は次戦以降に持ち越しとなった。