馬場造園課一覧

レシステンシアが骨折、全治3ヶ月

昨年の最優秀2歳牝馬で、今年の桜花賞、NHKマイルCでともに2着のレシステンシア(牝3、松下)の骨折が20日、判明した。所属するキャロットクラブがHPで発表した。NHKマイルC後、放牧先のノーザンファームしがらきで左前球節に異常を確認し、X線検査を行った際、骨片が発見された。症状は軽く、全治3ヶ月との診断。

ノームコア、骨折判明 ヴィクトリアマイルのレース中に

「これから期待している」などの励ましのコメントや"挨拶”などもいただいているのですが、実がノームコアはレース中に骨折していました。程度は重くはないけど軽くもない……少なくとも年内の出走はかないません。まぁ、あの時計ですから仕方ありませんね。次回もし無事に出走できた時には、また応援していただけると嬉しいです。

馬場造園課は何がしたいの?

近年、競馬ファンの間で馬場の変化が話題を呼んでいる。特に芝コースの変貌は著しく、馬券予想でいまだに戸惑う声が止まない。実際に、JRAの芝コースは、この5年ほどで大きな変化が加えられている。芝の品種が変わり、管理方法が変わり、路盤が変わった。